データ復旧 HOME > ハードディスク復旧 >

お客様でできる障害対応

お客様でできる障害対応

お客様でできる障害対応

焦らず、慌てず、騒がずに。まず落ち着くこと。
それが安全・確実なデータ復旧の第一歩。

パソコンやハードディスクTeraStationなどのファイルサーバー(NAS)企業様のシステムサーバーのトラブルは様々な原因から突然発生します。トラブルの原因を探ろうとした結果、状態がさらに悪化したり、間違った復旧方法で取り返しのつかない事態になりかねません。

何もしないでLIVEDATAまでご連絡いただくのが最善の方法ですが、お客様にできる作業もあります。
代表的なデータトラブルと、データレスキューの方法を以下に掲載しておりますのでご確認ください。
*データを削除した場合、インターネットを使用するだけでもデータが上書きされる可能性があります。

主なハードディスクトラブル・障害例

ハードディスクのトラブル原因として、機器やメディアそのものに障害・トラブルが発生している場合と、データに障害が発生している場合の二種類が挙げられます。

物理障害のケース原因が不明瞭・不良セクター論理障害のケース

機器やメディアそのものに障害が発生している場合

ハードディスクに使用されるモーターや読み取り部品(ヘッド)、記録媒体であるプラッターなどハードウェアや機器そのものに障害が生じたものを≪物理障害≫と呼びます。物理障害はパーツ交換が必要になる場合があるなど、使用し続けると症状を悪化させる恐れがあるため、速やかに障害機器を停止する必要があります。

パソコンやハードディスクが機械的に故障している場合は以下のような症状が発生します

ハードディスクが認識しない

ハードディスクが認識しない

パソコンの故障か、ハードディスク自体の故障の可能性があります。ケーブルの問題もあるので、焦りは禁物です。ハードディスクは消耗品のため、突然故障する場合があります。電源を何度も入れなおしたりすることは余計にディスクを悪くします。電源を入れたときのHDDの音を注意深く聞いてください。

ディスクが認識しない場合の対応方法・対処方法を見る


パソコン・HDDが焦げ臭い

パソコン・HDDが焦げ臭い

パソコンを使用中にバチッっと音がしたり、発煙する場合があります。すぐにパソコンの電源を切って、換気を行ってください。データ自体には問題が発生しにくく、復旧率は高い障害です。

パソコン・HDDが焦げ臭い場合の対応方法・対処方法を見る


パソコン・HDDから異音がする

パソコン・HDDから異音がする

電源投入後、HDDからいつもと違う異音がしたらディスク不良の可能性があります。ヘッドがプラッタ上のディスク情報を読み込めず発生する障害です。電源を入れ続けることで状態は悪化する為、良くなる可能性はほとんどありません。

パソコン・HDDから異音がする場合の対応方法・対処方法を見る


パソコン・HDDを落とした

パソコン・HDDを落とした

モータのベアリングずれ、ヘッド損傷などによって、正常にHDDが回転しない状況が考えられますので、絶対に電源を入れたり、乱暴に扱わないでください。HDD内部が接触した状態で電源を入れると、一瞬で壊れてしまいます。

パソコン・HDDを落とした場合の対応方法・対処方法を見る


パソコン・HDDが全く動かない

パソコン・HDDが全く動かない

電源周りの不良やデータを読み込むヘッドがプラッターに接着している、モーター不良などが原因です。プラッターと呼ばれるメディアが無事であれば、復旧の可能性は高い障害です。

パソコン・HDDが全く動かない場合の対応方法・対処方法を見る

このような症状が発生している場合、無理に作業をおこなわず、
復旧の可能性が高いうちにLIVEDATAまでご相談ください。

データ復旧サービスのお問い合わせ

PC初心者でも大丈夫。顧客満足度88%以上を誇るLIVEDATAの専任オペレータは業界独特の専門用語を使わず、やさしく分かりやすい言葉や図で丁寧に対応します。

お電話でのご相談・お問合せはこちら0120-895-960
メールでのお問合せはこちら
「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」

物理的な障害か、データ的な障害か不明な場合

ハードウェア的な問題か、電子データ(磁気データ)に生じた問題なのか、それとも両方が併発しているのか、障害が発生した時点では不明な症状の場合、次のような症状が発生します。

機械的な故障か、データ的な故障か不明な場合、以下のような症状が発生します

パソコン・OSが起動しな

パソコン・OSが起動しない

ブルースクリーンやファイルが見つからないなど、OSやアプリケーション、ファイルが起動できない原因は様々です。論理障害の場合はリカバリーできる可能性がありますが、ディスクの故障も考えられます。

パソコン・OSが起動しない場合の対応方法・対処方法を見る

機械的な問題が無い場合、データに障害が発生している場合

OSやファイルシステムの不具合、誤った動作によるファイル消去、ウイルス感染などハードウェアなど機器そのものではなく、メディアへ記録されるデジタルデータに問題が発生した障害を≪論理障害≫と呼びます。論理障害は症状を悪化させない場合に限り、復旧ソフトなどで復旧を試みることが可能です。

パソコンやハードディスクが機械的に故障していない場合、
データに障害が発生している場合は以下のような症状が発生します

ファィルを削除した(ごみ箱を空にした)

ファィルを削除した(ごみ箱を空にした)

誤ってファイルやフォルダを削除した場合、すぐに電源を切りそれ以上使用しないことが賢明です。追加の上書きさえなければ復旧率が高い障害であり、何もしなければ復旧率は低下しません。

ファィルを削除した場合の対応方法・対処方法を見る


フォーマットした(初期化)

誤ってフォーマットしてしまった(初期化)

誤ってフォーマットや初期化をしてしまった場合、保存されていたデータはすべて失われますが、復旧の可能性が十分にあります。別のパソコンに接続して、復旧ソフトウェアなどを利用して復元を試します。

誤ってフォーマットしてしまった場合の対応方法・対処方法を見る


パーティションを削除した

誤ってパーティションを削除してしまった

パーティションの削除方法にもよりますが、100%に近い形で復旧が可能な障害です。同じサイズでパーティションを再作成せず、すぐに復旧をお試しください。

誤ってパーティションを削除してしまった場合の対応方法・対処方法を見る


再インストールした、リカバリーした

再インストールした、リカバリーした

リカバリーの途中であれば、すぐに中断して電源を切ってください。同じアカウントで設定を行うと復旧が難しくなります。

再インストールした、リカバリーした場合の対応方法・対処方法を見る


データ復旧サービスのお問い合わせ

PC初心者でも大丈夫。顧客満足度88%以上を誇るLIVEDATAの専任オペレータは業界独特の専門用語を使わず、やさしく分かりやすい言葉や図で丁寧に対応します。

お電話でのご相談・お問合せはこちら0120-895-960
メールでのお問合せはこちら
「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」