データ復旧 HOME > サーバー・RAID復旧 > RAID再構築(リビルド)とは

RAID再構築(リビルド)とは

RAID再構築(リビルド)とは

システムサーバーTeraStationなどNAS製品で用いられるRAID構成の大きな特徴であるリビルド(再構築)。復旧作業時ではこの段階でトラブルが発生してしまうこともあります。LIVEDATAではより安全性が高く確実な分析診断をおこなうことで、リビルド時のトラブルを防止しています。

速やかに機器の使用を停止し、信頼できる専門業者へ相談「LIVEDATAへのお問い合わせ」 お電話でのご相談・お問い合わせは0120-010-887

RAID再構築(リビルド)とは

各HDDにパリティ領域を設定することによって、複数のHDDでRAID5を構成している稼働中のシステムにHDD障害が発生したとしても、HDD1本の障害であればシステム運用で問題が無いように設計されています。さらに、故障したHDD以外のディスクに保存されたパリティ情報を基に、システムは正常に稼働し、不良ディスクを交換した後も新しいディスクにデータを保存して初期RAID5構造に復旧します。

復旧作業におけるリビルドの重要性

復旧後の最新データが破損した場合、追加でリビルドが必要です。

RAID5システムでHDD1本に障害が発生した後も、残りのHDDのみを使用して運用していた場合、全てのHDDからデータ復旧を行うと、新しい日付のファイルが開けない場合があります。
最後まで稼働していたHDDのみを利用してリビルド作業を実施しなければ、最新データは復旧できません。

RAID再構築(リビルド)が必要な場合

次の様なRAID障害では、リビルド作業を行うことによって最新データまで正常に復旧することができます。

正常運用

HDDイメージ画像:正常運用2番ディスクに障害発生
RAID5の場合、5本中1本のHDDに障害が発生しても運用には問題ありません。
障害が発生したディスク2番を切り離し、運用を継続します。

システム障害

HDDイメージ画像:システム障害右の様に、2個以上のHDDに障害が発生するとシステム運用が停止します。この場合、5個のHDDからデータを復旧した場合、2番ディスクが故障した後に保存されたデータはほとんどが破損ファイルとして復旧されます。正しいデータの復旧には、2番ディスクを除いた、故障直前の状態でデータを復旧する必要があります。

リビルド実施

HDD、データイメージ画像:リビルド実施5個のHDDの中から最初に故障した2番HDDを除いて、1,3,4,5番の4本のHDDを使用してリビルドを行い、データを復旧します。

リビルド実施時の注意点

リビルドとは障害ディスクを除いた正常なディスクのパリティ領域を復旧する作業です。
しかし、障害ディスクを間違って分析しリビルドを行うと、データ領域の損失を招くことになります。
正確な分析・確実な復旧作業が正常なデータを復旧できる唯一の方法です。
リビルドを実施する前に、他のディスクに物理障害が無いかを確認してリビルドを行うようにしてください。

RAID・サーバ復旧のお問い合わせ

  • お電話でのご相談・お問合せはこちら
    お気軽にお問い合わせください
    24時間お問合せサポートセンター0120-010-887
    受付時間:10:00-18:00(平日)
  • メールでのお問合せはこちら
    「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」