データ復旧 HOME > データ復旧サービス > 対応メディア > SDカード・CF復旧

SDカード復旧(CF/MS/xD)サービスのご案内

SD、CFメモリー復旧
一体型メモリータイプもお任せ下さい!
豊富な復旧実績で、復旧時間を大幅短縮!
フリーダイヤル0120-895-960

SD、CFメモリー復旧サービスのご案内

デジタルカメラやビデオカメラで使用されるSDカードやコンパクトフラッシュも実績多数

デジカメやビデオカメラのデータ保存用として用いられるメディアには、SDカードやCF(コンパクトフラッシュ)、MemoryStick、xDカードなど様々な種類があります。物理的な損傷としてフラッシュメモリーが認識されなかったり、誤って削除や初期化をしてしまって依頼をされるケースが増えていますので、撮影後は必ずバックアップを取る様にしてください。

SD、CFメモリーのよくある障害 SD、CFメモリー復旧作業 SD、CFメモリー復旧事例 復旧費用と時間案内

SD、CFメモリーのよくある障害

SDメモリーカード、CFメモリーに最も発生しやすい3つの症状

データの誤消去や初期化等は、削除後すぐであればほとんどの場合、データ復旧ソフトで復旧が可能です。ただし、認識ができない場合やカードが異常とエラーが出た場合は物理的な損傷がほとんどのため、復旧ソフトなどでは認識できません。
なるべく抜き差しをしないで、LIVEDATAまでお問い合わせ下さい。

  • メモリーカードリーダーにSDカードを入れても認識しない(LEDは光っている場合も含む)
  • メモリーにアクセスできなかったり、フォーマットしますか?と表示される
  • メモリーが破損した(メモリー自体にひびが入ったり、割れている場合は復旧できません)

SD、CFメモリーのよくある障害イメージ

SD、CFメモリー復旧作業案内

PCBタイプのメモリーチップ
コントローラーCHIP、メモリー CHIPメモリーを分離する事が可能なため、メモリー自体を取り外してイメージを取得します。
コントローラー情報からデータ分析を行い、復旧作業を実施します。
一体型のメモリーチップ
コントローラー+メモリー基板裏面のPIN MAP構成を分析し、ワイヤー接続によりイメージを取得します。取得したイメージから論理領域の高度分析作業を実施し、データ抽出をします。
一体型の分析作業は困難を極めるため、PCBタイプに比べ費用と時間がかかります。
Step1 メモリーチップが分離できるタイプはメモリー自体を取り外し、イメージを取得します。
Step2 一体型メモリータイプは、PIN MAPを分析し、ワイヤー経由でイメージを取得します。
Step3 取得したイメージは段階を経て組み立てられ、最終的にファイルシステムからデータを抽出します。

MicroSDのよくある障害イメージ

SD、CFメモリー復旧とは?

SDカードやコンパクトフラッシュ(CF)が突然認識できなくなったり、デジカメやビデオカメラでカードが異常ですと表示される場合、アクセスランプが点灯し続ける場合等、障害発生メディアからフラッシュメモリーチップのみを取り外し、データを抽出することをSD,CFメモリー復旧と言います。メモリーチップのタイプやコントローラーのアルゴリズムに対応できる設備、データベースが無い限り復旧ができないため、高度な復旧レベルが必要となります。

他社で対応できないメモリーチップと診断されてもOK!LIVEDATAはリーダー、コントローラーを開発します!

お問い合わせ・データ復旧サービスお申込み

PC初心者でも大丈夫。顧客満足度88.8%を誇るLIVEDATAの専任オペレータは業界独特の専門用語を使わず、やさしく分かりやすい言葉や図で丁寧に対応します

お電話でのご相談・お問合せはこちら0120-895-960
メールでのお問合せはこちら
「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」

SD、CFメモリー復旧事例

復旧事例1

メーカー ADATA
容量 8GB

作業履歴: 認識できない状態のため、メモリーチップの取り出し後、ワイヤー接続を行いイメージ取得に成功。
取得したダンプイメージからデータ領域を分析して、無事データを抽出致しました。復旧作業日数は2日です。

ADATA

復旧事例2

メーカー TRANSCEND
容量 32GB

作業履歴: 認識できないコンパクトフラッシュを分解し、4個のメモリーチップを分離しました。
1枚ずつイメージを取得後、データ結合を行い、ファイルを抽出しました。

TRANSCEND

SD、CFメモリー復旧の料金・所要時間

依頼前のご相談・初期診断

内容 所要時間 料金(税込)
依頼前ご相談・見積もり依頼 お電話 即答 0円
メール 即日~翌日
障害ハードディスクの初期診断・初期調査 お持込 30分程度
ご郵送 24時間

* 初期診断お持込時の所要時間は論理障害を除きます。

復旧サービス正式ご依頼時の料金

障害事例 復旧時間
復旧事例のある場合 1~2日程度
復旧事例のない場合 1週間程度

タイプ 容量 料金(税込)
PCBタイプ ~8GB 32,400円
~32GB 64,800円
~64GB 86,400円
一体型タイプ ~8GB 172,800円~
~32GB 194,400円~
~64GB 237,600円~

※メモリー容量、チップのタイプによって復旧費用が異なります。
※診断の結果、他社作業が確認された場合は、追加費用がかかります。
※その他の容量は別途お見積り

1つのファイルが損傷している場合は、ファイル修復サービスとなります。
ex) Office関連ファイル(doc,xls,ppt,access,Outlook express mbx,Outlook pst)
* データベース修復は、Database復旧サービスとなります。
ex) ORACLEデータベース、MySQLデータベース、Postgreデータベース、MS-SQLデータベース
* 他社で一回以上分解作業されたハードディスクの復旧は、別途お見積もりとなります。
* データ復元費用、復旧時間の報告致しますので、その後、データ復旧作業を正式にご依頼ください。。

!論理障害
SDに物理的な損傷が無い状態で、ウィルス感染、ファイルまたはフォルダ削除、パーティション削除でデータが損傷した場合が該当します。
!物理障害
SD自体に機械的な障害が発生し、過電圧による基盤ショート、チップ損傷、不良セクターなどにより認識できなかったりフォーマットしても正常に使用できない場合が該当します。