データ復旧 HOME > LIVEDATAが支持される理由 > LIVEDATAの対応・スピード

LIVEDATAの対応・スピード

LIVEDATAの対応・スピード

LIVEDATAの対応・スピード

最短2時間からの業界最速データ復旧
技術が違えば、当然スピードが違います。

16年の復旧経験から即座に障害内容を特定、必要な復旧作業を速やかに実施します。データ復旧サービスにおけるすべての工程でムダを限りなくゼロに近づけ、合理的なスマートリカバリーを実現しました。

お電話でのご相談・お問い合わせは0120-895-960 メールでの無料相談・お見積もりお問い合わせはこちら

圧倒的なスピードでデータを復旧するために

お問い合わせの段階から復旧実績データベースを参照し、障害内容の正確な把握と復旧費用を算出します。受付後は全て自社内で作業を完結、独自開発のデータ復旧技術と最新テクノロジーで最短2時間から復旧を実現しました。

完全社内作業24時間対応事例・実績をデータベース化専用スペース確保部品を数多く確保全国出張対応

完全自社内作業だから早い

「データ削除してしまった」などの論理障害から基板損傷、ヘッドクラッシュRAID崩壊などハードディスクの重度物理障害まで、すべて自社内で作業を完結しているため、スピード面、セキュリティ面ともにご安心いただけます。

お見積り金額も、ご相談・お問合せ時にご案内!
ご相談から受付~作業~納品まで全て自社だからスムーズ

全ての対応を自社内の正社員が行っています。難しい技術的なお問い合わせも社内のエンジニアとの情報共有で即時回答!HDDの分解作業に必要なクリーンブース等の作業環境も整っているので、ご依頼直後からすぐに対応することが可能なのです。

全て自社作業するLIVEDATAの場合
  1. すべてのお問い合わせに復旧実績から回答可能
  2. お見積もりもその場で提出、社内エンジニアの正確な初期診断から保管している多数のパーツを利用し、難易度の高い復旧作業をすぐに実施
  3. 社内で復旧しているから、お客様への納品前に直接のデータ確認が可能
外部へ作業を委託する業者の場合
  1. 難しい質問は回答できなかったり、とりあえず送ってくださいと対応する
  2. 物理的な診断ができないため、見積もりまでに時間がかかる
  3. パーツがないため作業が中断してしまい、復旧結果や診断結果の報告に時間を要する
  4. 復旧不可の場合も、障害メディアが社内に無いため、すぐに引き取れない

データ復旧環境

24時間フル稼働だから早い

「明日必要なデータが取り出せない」「社の基幹システムとして稼働していたサーバのハードディスクが故障した」など、緊急時の場合、24時間フル稼働でお客様の大切なデータを復旧します。

LIVEDATAはお客様のご都合に合わせ、
緊急時は24時間のデータ復旧対応が可能!

ハードディスクフラッシュメモリー、そして最近多くなってきたSSDなど記録メディアは、使用環境や稼働時間、容量や回転数、使用経過年数など、いつ何時トラブル障害が発生するか個々で異なります。明日必要なのに突然壊れた、なんて話はよくあるのです。LIVEDATAはそんな緊急でデータを取り戻したいお客様のご要望にお応えする為、緊急依頼時は24時間フル稼働でお客様の大切なデータを復旧致します。

関連:データ復旧対応メディア一覧

24時間対応

障害事例と対応実績をデータベース化しているから早い

様々な原因で発生する障害からのデータ復旧では具体的な事例と実績が何よりも重要です。本当に実績のある企業は、実際にご依頼頂いた障害事例とその復旧成功実績を公開できるものです。LIVEDATAは700件以上の障害事例と成功実績を惜しみなく公開しています。

お客様への納品率に直結するから、
LIVEDATAが実際に手がけた様々なメーカー、シリーズの
トラブル実例とデータ復旧実績をWEB上で公開

障害事例や対応方法など技術情報をデータベース化しているため、どのようなお客様でも、どのような障害でも早く、安全に、そして確実に復旧作業がおこなえる万全の態勢を整えていますので、LIVEDATAは業界最速のスピーディーな復旧が可能なのです。

関連:LIVEDATAのデータ復旧実績一覧

対応実績、障害事例をデータベース化

復旧作業専用スペースを確保しているから早い

お客様からお預かりした障害メディアを効率よく復旧させるには、複数台のメディアを同時に検証、復旧させることのできるスペースを持つ必要があります。LIVEDATAは単体ハードディスクからRAID構成のサーバまであらゆる機器を複数台同時に作業をおこなえる環境を整えています。

データ検証に必要なイメージング(データの視覚化)は
とにもかくにも時間を要するもの。
だからLIVEDATAは5000万円以上をかけてハードディスクはもちろん、サーバ・RAIDも複数台同時対応が可能な環境や最新設備を構築しています。

スピーディーに復旧作業をおこなうには、やはり専用の環境や設備を整えるのが最も効果的です。LIVEDATAは専用のデータ復旧ツール、病院の手術室より空気清浄された専用のクリーンルームなど作業専用スペースを確保しているため、他社には真似のできないスピーディーな復旧をおこなうことができるのです。

関連:LIVEDATAの安全性・信頼性

データ復旧作業専用の環境づくり

ハードディスクのパーツ交換に必要な部品を数多く保有しているから早い

ハードディスクでよく発生する故障は、データが実際に記録される円盤(プラッター)を回転させるモーターや、プラッターからデータ読み込む装置部分=ヘッドです。これらは同メーカー、同シリーズ、そして同形の部品で交換をおこなわないと正常動作しません。私たちはデータ復旧業務16年間で培った独自のコネクションを活用し、ほとんどの部品交換にも対応できるだけのパーツを保有しています。

ハードディスクのモーター・ヘッドトラブルなど
機械的な障害にはパーツ交換が必要となります。
わたしたちは多種多様なメーカーの部品を、
秋葉原という立地を活かして常時確保しています。

HITACHI(日立)TOSHIBA(東芝)FUJITSU(富士通)など国内の主要メーカーを始め、Western Digital(ウェスタンデジタル)Seagate(シーゲート)など世界でトップシェアを有するメーカー、さらにはSAMSUNG(サムソン)MAXTOR(マクスター)クアンタム(Quantum Corporation)など様々なメーカーのハードディスクを、製造時期や規格サイズに合わせパーツ交換用として取り揃えています。

HDDのパーツを多く保有

データ復旧作業を御社内でもおこなうから早い

企業様、法人様のご要望に合わせ、LIVEDATAでは御社、または御社指定の場所へ直接伺い、復旧作業をその場でおこなう≪出張サービス≫をおこなっています。※RAIDサーバ、NASサーバのみ対応

LIVEDATAは御社のセキュリティ規定にも柔軟に対応。
持ち出しが難しいサーバなどRAID機器も、お客様のところへ直接出向き、初期診断~データ復旧納品致します。

企業のセキュリティ体制が強化される昨今、重要な機密情報や個人情報など社外へ持ち出すのが難しいデータの取り扱いが多くなっています。そんなお客様のニーズを素早く捉え、LIVEDATAでは御社へ伺いその場で復旧作業をおこなう≪出張サービス≫をいち早く展開しました。また各種契約締結もおこなっているのでご安心ください。

関連:出張サービス概要・お申込み

出張サービスも無料

お問い合わせ・データ復旧サービスお申込み

わたくしたちLIVEDATAへのご質問、ご要望、取材依頼、ビジネス提携やトレーニングに関するお問い合わせなどがございましたら、以下よりお問い合わせください。またLIVEDATAデータ復旧サービスのお申し込みもこちらから受け付けております。

総合お問い合わせ データ復旧サービス、ソフトウェアのご質問や、パートナー締結、トレーニングなどLIVEDATAの事業内容に関するお問い合わせはこちら。

データ復旧サービスお申込み HDDやサーバ/RAID、Flash SSD、NASなど多様なメディアのデータ復旧お申し込みはこちらです。まずは無料初期診断をお試しください。