データ復旧 HOME > サーバー・RAID復旧 > NAS復旧 > IODATA LANDISK復旧

IODATA LANDISK復旧サービスのご案内

  • LIVEDATAは暗号化GTRにも対応しています。最短当日を可能にする超スピード復旧
  • LANDISK復旧
  • 熟練のNAS・RAID専用エンジニアがお応えいたします。完全相談無料。
  • 0120-010-887
  • RAID崩壊
  • リビルドエラー
  • アクセス不能
  • ファームウェア破損

業界初!日本最速級の対応!
IODATA LANDISK HDL-GTRシリーズ
RAID 5 暗号化対応モデルの復旧に成功!

LIVEDATAはIODATAのNAS≪LANDISK HDL-GTRシリーズ≫のRAID 5 暗号化対応モデルについて業界で最も早くデータ復旧に成功致しました。LANDISK搭載ハードディスクからのデータ復旧には他社に先んじた実力がございます。ぜひLIVEDATAまでお問い合わせください。

お電話でのご相談・お問い合わせは0120-010-887 メールでの無料相談・お見積もりお問い合わせはこちら

IODATA LANDISK/HDLGTRシリーズ暗号化ボリュームのRIAD崩壊復旧

IODATA LANDISK/HDLGTRシリーズ暗号化ボリュームのRIAD崩壊復旧

RAID障害内容

  • 本体からピーポーピーポーとメロディが鳴る場合
    本体からピーポーピーポーとメロディが鳴る場合
  • ネットワークからドライブにアクセスできない場合
    ネットワークからドライブにアクセスできない場合
  • LED、管理者モードからRAID崩壊を確認した場合
    LED、管理者モードからRAID崩壊を確認した場合
!HDL-GTR/HDL-XR暗号化に障害が発生した場合の注意点
  • 障害発生を確認したらすぐに電源を切って、LIVEDATAまでご依頼ください。
  • もしNASに電源を入れ直したり、設定値を変更したりすると、復旧できなくなる場合があります。

初期対応が重要であり、対応内容によって復旧の可否が決まります。
暗号化されたNASの復旧は、業界初!暗号化の復旧に成功したLIVEDATAまでご相談ください。

LEDやアラート音から、LANDISKの状態をチェック!

TeraStationProHS-DTGLやHD-HTGLシリーズの点灯ランプ状態
RAID異常 故障スロットが赤点滅
ピッピッピッピ....と音がしながら、Statusランプは赤点滅、故障ディスクスロットも赤点滅し、その他は青点灯。
RAID崩壊 全てのLEDが赤点灯
ピーポーピーポー....と音がしながら、Statusランプは赤点滅、全ディスクスロットは赤点灯。

復旧サービスを実際にご利用いただいたお客様・企業様の声

今回データ復旧サービスのインタビューにお答えいただいたのは「Fullon株式会社」様です。世の中をFullonにするIT企業様から見たデータ復旧サービスはどうだったのか。お問い合せから納品までをインタビュー形式でおうかがいしました。

今回のデータ復旧サービス 企業様

IODATA LANDISKモデル

  • HDL-XR
    HDL-XR
  • HDL-GT
    HDL-GT
  • HDL-GTR
    HDL-GTR

暗号化対応モデル

RAIDボリュームをAES 256bitで暗号化

  • HDL-GTR シリーズ : HDL-GTR1.0, HDL-GTR2.0, HDL-GTR3.0, HDL-GTR4.0
  • HDL-XR シリーズ : HDL-XR2.0, HDL-XR4.0, HDL-XR6.0, HDL-XR8.0

障害パターン

暗号化されたLANDISKの場合、保存領域全てのデータが高度暗号化のAES256bitで暗号化されます。
よって、通常利用とは異なり、システム管理により一層注意が必要です。特にRAID崩壊モードから、強制的にRAIDを再構成した場合は復旧が不可能です。
暗号化されたLANDISKに問題が発生した場合、LIVEDATAの障害内容と比較し、適切な処理を実施してください。

暗号化されていないLANDISKの障害は、弊社で完璧に対応が可能です。NAS復旧実績をご参照ください。

RAID崩壊

  • LED : すべて赤色
  • メロディー : 「ピーポーピーポー」救急車のメロディ
  • ブラウザアクセス : RAID崩壊ページ

再構築(Rebuild) 待機中

  • LED:正常ディスク青色x3、異常ディスク赤色x1
  • メロディー : 「ピ、ピ、ピ」
  • ブラウザアクセス: ユーザー設定IPで管理者モードアクセス可能

NAS・ファイルサーバーのデータ復旧実績はこちら

システム障害発生時の確認事項

システムに問題が発生した場合、次の3つの内容をご確認いただいた上でお問合せください。

1. LED確認

LANDISKは各カートリッジと、Status LEDがあります。色と動作をご確認ください。

  • LEDがすべて赤く点灯している場合はRAID崩壊と判断できます。
  • LED色: 赤色(エラー)、青色(正常)
  • LED動作: 消灯、点滅、点灯

2.メロディ確認

LANDISKは自己診断システムにより、現在の状態をメロディで通知します。

  • 正常時 : 「ピ♪」
  • ブラウザアクセスが可能な通常エラー : 「ピ♪ピ♪ピ♪」
  • RAID崩壊 : 「ピーポー♪ピーポー♪」

3. ネットワークからアクセス

ブラウザからアクセスしてシステムのステータスを確認できます。

  • RAID崩壊メロディが流れた場合 : デフォルトIPアドレス(192.168.0.200)のみアクセス可能
  • 通常エラーの場合 : 設定IPでアクセス可能

システムの正常な状態とエラー状態の比較

正常な状態 RAID崩壊の状態 RAID再構成待機状態
青色LED x4
青色LED x4
異常ディスク 赤色LEDx4
異常ディスク 赤色LEDx4
正常ディスク 青色LEDx3
正常ディスク 青色LEDx3
ユーザ設定IPでアクセス RAID崩壊モード 管理者モード(FAILハードディスクを確認)
ユーザ設定IPでアクセスして管理者モードからシステム情報を確認できます。 デフォルトIPのみアクセス可能なRAID崩壊モードです。
注意:RAID崩壊を確認したらすぐにご相談ください。
管理者モードからFAILのハードディスクを確認、システムをシャットダウン後にディスクを挿入し再構築を行えば理論上は正常に使用できますが、何かしらの理由でエラーが発生する場合があります。メーカーもしくはLIVEDATAにご相談ください。

LIVEDATAは、RAID5の暗号化されたLANDISKのデータ復旧に成功しました。

データ復旧作業内容から、障害発生当時のお客様の安全な対応が復旧の大きな助けとなったと判断しています。
お客様はブラウザ上からRAID崩壊を確認し、LEDとメロディからそれ以上の作業は何もせずに弊社にご連絡をいただきました。
システムの自己診断プログラムにより記録されたログ情報が残っていたため、完璧なRAID復旧を行うことができました。

暗号化されたLANDISKの場合、初期段階で他社を経由した製品はFAIL時のシステム情報が消えてしまうため、ほとんどのものが復旧不可能となります。100%に近い復旧率は、システムがFAILした当時のままで弊社にご連絡ください。

暗号化LANDISKの復旧実績

RAID崩壊したLANDISK

障害の詳細

崩壊ディスク2番、3番DISK FAIL
FAILの順番を確認ディスク内部情報から2番ディスクFAIL後、3番ディスクのFAILを確認(最新データ)
LED確認すべて赤色
Status LED確認赤色 ' 緑色
LANDISK状態確認メロディ「ピーポーピーポー♪」
  • 写真:RAID崩壊したLANDISK
    RAID崩壊したLANDISK
  • 写真:崩壊したRAID5 LANDISK内のSeagateハードディスク(2,3番ディスクFAIL)
    崩壊したRAID5 LANDISK内のSeagateハードディスク(2,3番ディスクFAIL)
  • 写真:LANDISK崩壊モードをブラウザから確認(2,3番ディスクFAIL)
    LANDISK崩壊モードをブラウザから
    確認(2,3番ディスクFAIL)

データ復旧作業中のLANDISK

障害の詳細

RAID5の長所正常動作のディスク3本のみでデータアクセス可能
復旧内容3番ディスクのデータ復旧(最新データディスク)
LED確認青色
Status LED確認緑色
LANDISK状態確認メロディ1秒間「ピ♪」
1.
LANDISK起動
3番ディスク復旧後、LANDISK起動
(写真:ディスク1,3,4で起動した状態)
2.
2番目のディスクを確認できない状態
一番初めに障害が発生した2番ディスクを認識していない状態の確認
3.
LANDISKへ正常にアクセス
ネットワークからLANDISKへ正常にアクセスし、データ、フォルダを確認
4.
再構築中
再構築中のシステム情報
5.
再構築後
再構築完了時のシステム情報
6.
再構築ログ
再構築ログ

LANDISKなどアイ・オー・データ NAS データ 故障可能 対応シリーズ一覧~

LIVEDATAでは下記の代表的なNAS製品販売メーカ及びLANDISKシリーズ・モデルを始め、あらゆるNAS製品のデータ障害に対応しています。

IO-DATA IODATA - LAN接続型ハードディスク / LANDISK 復元対応可能モデル例
HDL-XR、HDL-XR1.0/2D、HDL-XV、HDL-XV/2D、HDL-GTR、HDL-GT、HDL-Z4WSA、HDL-Z2WSA、HDL-Z2WSLP、HDL-Z4WS、HDL-Z2WSなど
※その他アイ・オー・データ NAS製品にもデータ復旧対応しております。まずはご相談ください。

IODATA LANDISK復旧サービスの流れ・費用

依頼前のご相談・初期診断

内容 所要時間 料金(税込)
依頼前ご相談・見積もり依頼 お電話 即答 0円
メール 即日~翌日
ハードディスクの初期診断・初期調査 お持込 120分程度
ご郵送 24時間

* 初期診断お持込時の所要時間は論理障害を除きます。

NAS・IODATA LANDISK 復旧サービス正式ご依頼時の料金(論理障害)

NASの発生症状の殆どはRAID崩壊など論理障害!まずは弊社に無料相談ください!

障害内容 復元時間
IODATA LANDISKなどのRAID崩壊、ファームウェア障害
突然アクセスできなくなった、ネットワークエラーなど ※1
最短当日

HDD容量 メーカー 料金(税込)
2TBまでIODATA LANDISK
シリーズ
定額 108,000円 ※2
その他その他容量、暗号化モデルお問い合わせください

※1. システムを構成する全てのディスクに物理障害が確認されなかった場合に限ります。
※2. 2本以上4本までのHDDで構成されているRAID0,RAID1,RAID10,RAID5に限ります。

* 他社又はお客様側で一回以上分解作業されたIODATA LANDISK などNAS搭載HDDの復旧は、別途お見積もりとなります。

NAS・IODATA LANDISK 復旧サービス正式ご依頼時の料金(物理障害、論理障害)

同業者からも依頼が殺到中!驚異的なNAS修復のスピードと復旧技術!

障害内容 復元時間
データ削除、ヘッド障害、リビルドエラー、不良セクター
基板焦げ、モーター不良、プラッタ損傷など(内蔵HDD)
最短8時間

2TBまでならどんなに難易度の高い物理障害でもHDDに何本障害が発生しても定額!
HDD容量 メーカー 料金(税込)
2TBまでIODATA LANDISK
シリーズ
定額 183,600円 ※1
その他その他容量、暗号化モデルお問い合わせください

※1. 4本HDD構成のRAID5/RAID0に限ります。

* 暗号化されたNAS製品の復元は、別途お見積もりが必要です。
* ディスク単体のLAN接続のディスクは、ネットワークディスク製品の扱いとなります。
* 他社又はお客様側で一回以上分解作業されたIODATA LANDISKなどNAS搭載ハードディスク 復旧は、別途お見積もりとなります。
* データ復元費用、復元時間の報告を致しますので、その後、データ復旧作業を正式にご依頼ください。

注意事項

NAS・RAIDのお問合せは今すぐこちらから

慌てず、無理せず、落ち着いてLIVEDATAに無料相談ください

お電話での無料相談・お問合せ

NAS・RAID専用フリーダイヤル

0120-010-887

無料初期診断・NAS復旧依頼フォームへ

NAS復旧・RAID復旧専門企業のLIVEDATA