データ復旧 HOME > ハードディスク復旧 > HDDの障害事例と対応方法 >

ディスクが認識しない

ディスクが認識しない

ディスクが認識しない

様々な原因で発生するHDDの認識不良。
機械的な障害なら症状を悪化させる恐れも。
速やかかつ、適切な対処が必要です。

ハードディスクは消耗品のため、突然故障しディスクそのものが認識しなくなる場合があります。

電源を何度も入れなおしたりすることは余計にディスクを悪くします。電源を入れたときのHDDの音を注意深く聞いてください。
ハードディスク復旧総合案内へ
NAS復旧・ファイルサーバー復旧総合案内へ
RAID復旧・法人システムサーバー復旧総合案内へ

ディスクが認識しないトラブル・障害例の主な原因

ハードディスクが認識しない原因は、ハード的・機械的な故障が考えられます。経年劣化、HDD作動中の移動などによる衝撃、電源トラブルによるショートなどがきっかけとなり、ハードディスクが認識できなくなります。
外付けHDDの場合は、WidowsなどのOSから認識されないだけで、ハードディスク自体は物理的に認識をしている場合もあります。
この様なケースのハードディスク復旧は、物理と論理の両方が考えられます。

ディスクが認識しないトラブル・障害例の対応・対処方法

もしもハードディスク自体の故障であれば、お客様がデータを復旧するのはほとんど不可能です。
まずは電源ケーブルやIDE、SATA、USBなどのケーブル類をご確認ください。
ディスクの回転が止まったり、カチカチのような異音がする場合はすぐに電源を切り、ライブデータまでご相談ください。

無料相談・お問合せをおこなう 無料初期診断を申し込む

注意事項の確認

ハードディスク自体の故障は物理障害となり、電源を入れ続けても状態が良くなることはありません。
保存されたデータが重要であれば、必要以上の作業を避け、ライブデータまでご連絡ください。
以下に説明する復旧方法は、データの復元を保証するものではありません。
また、復旧作業によって生じたデータの消失、機械・メディア等の破損に対してLIVEDATAは一切の責任を負いません。

01. BIOSでHDDを確認する

BIOSでHDDを確認する

BIOSで認識されない場合は、ケーブルやボードに問題がなければHDDの物理障害です。
また「カチカチ」のような異音がする場合はすぐに電源を切ってください。

BIOSの呼び出しは、「delete」「F2」「F10」などご使用のノートパソコンやシステムによって異なります、お手元のマニュアルをご確認ください。

BIOS画面でハードディスクのモデル名や容量が表示されるようであれば、HDDが認識しているため、02以降の別のパソコンに接続するをお試しください。

HDDが認識できない場合は、ハードディスク自体の故障になりますので、ライブデータまで復旧のご依頼をお願いします。


CHECK ! BIOSでHDDが認識・・・

する場合

復旧の可能性があります。
下の02へ進み、LIVEDATAのデータ復旧ソフトウェア「復旧天使STANDARD」をお試しください

しない場合

ハードディスクが物理的に故障している可能性があります。稼働させ続けると、最悪、データ復旧が不可能な状態にまで症状を悪化させる場合もあります。

LIVEDATAのハードディスク復旧サービスまで今すぐご連絡されることをお勧め致します。

ハードディスク復旧サービスのご案内

データ復旧サービスのお問い合わせ

PC初心者でも大丈夫。顧客満足度88%以上を誇るLIVEDATAの専任オペレータは業界独特の専門用語を使わず、やさしく分かりやすい言葉や図で丁寧に対応します。

お電話でのご相談・お問合せはこちら0120-895-960
メールでのお問合せはこちら
「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」

02. 別のコンピュータを用意し、LIVEDATAのデータ復旧ソフトをダウンロードする

別のコンピュータを用意し、LIVEDATAのデータ復旧ソフトをダウンロードする

BIOSで認識する場合で、OS上からディスクが認識できない場合は復旧できる可能性があります。

またBIOSで認識するのにマイコンピュータに表示されない場合は、ファイルシステムの問題が考えられます。

学校や職場など、復旧作業用のパソコン(以下作業用PC)をご用意いただき、LIVEDATAの復旧ソフトウェアをお試しください。

まずLIVEDATAの高機能データ復旧ソフトウェア「復旧天使STANDARD」の無料デモ版をダウンロードし、作業用PCへのインストール準備をおこないます。

矢印

「復旧天使 Standard」のダウンロードはこちらから

03. 復旧天使 Standardの無料デモ版で復旧したいデータを検索する

お客様の障害が発生したパソコンからハードディスクを取り外し、そのハードディスクをUSB外付けHDDケース等で復旧作業用PCへ接続します。

矢印

復旧天使ご使用前の接続準備方法

復旧天使 Standardを使用した詳しいデータ検索使用方法などについてはこちらのマニュアルをご覧ください。復旧天使の無料デモ版での検索結果によって、希望データの復旧可否をご判断頂くことが可能です。

ソフトウェアで復旧できない場合は?

Windowsの場合

マイコンピュータを開いてもディスクが認識しない場合、デスクトップ上のコンピュータを右クリックして、「コンピュータの管理(G)」-「ディスクの管理」を確認します。ここで該当ディスクが認識できない場合は、ディスク自体に物理的障害が発生していることを意味しています。ディスクが認識していて、パーティションやファイルシステムが表示されていても、セクター不良などによりデータを抽出できない場合もあります。

Macintoshの場合

ディスクを接続してもボリュームがマウントされない場合、Finderを開き、「アプリケーション」-「ユーティリティ」-「ディスクユーティリティ」を起動します。ここで該当ディスクが認識していない場合はHDDの物理的な故障の確率が高いので、すぐに電源を切ってください。

物理的障害の場合、不良セクターやヘッド不良、メディア不良、ROM不良など、すべての障害が当てはまるため切り分けが困難です。ハードディスクの劣化や衝撃などによってメディアが傷ついたり、不良セクターが発生するとアクセスできない場合があります。

このような場合、復旧に非常に高度な技術を要しますので、無理せずデータ復旧専門企業へご相談されることをお勧め致します。

LIVEDATAの復旧サービスなら

ライブデータでは、このような物理障害のハードディスクからのデータ復旧にも完全に対応しています。物理障害のデータ復旧は最短6時間で復旧が可能であり、復旧できなかった場合はキャンセルが可能です。

ハードディスクのデータ復旧事例を見る

お問い合わせ・データ復旧サービスお申込み

LIVEDATAへのご質問、ご要望、取材依頼、ビジネス提携やトレーニングに関するお問い合わせなどがございましたら、以下よりお問い合わせください。またLIVEDATAデータ復旧サービスのお申し込みもこちらから受け付けております。

総合お問い合わせ データ復旧サービス、ソフトウェアのご質問や、パートナー締結、トレーニングなどLIVEDATAの事業内容に関するお問い合わせはこちら。

データ復旧サービスお申込み HDDやサーバ/RAID、Flash SSD、NASなど多様なメディアのデータ復旧お申し込みはこちらです。まずは無料初期診断をお試しください。