データ復旧 HOME > サーバー・RAID復旧 > DataBase復旧

DataBase復旧サービスのご案内

DataBase復旧サービスのご案内

現在データベース業界は、インターネット上から各種のデータベースをサービスするオンラインデータベース分野と、モバイルデータベース分野を中心にし成長しています。サーバーシステム障害ハードディスクのダウン、エンジニアのミスで削除したなど、データベースに障害が発生し一瞬でも停止すれば企業の損失は計り知れません。
データベース復旧は、このような状況からお客様の損失を最小限に抑えるための1つの選択となります。

お電話でのご相談・お問い合わせは0120-010-887 メールでの無料相談・お見積もりお問い合わせはこちら

DataBase復旧について

ORACLE、MS-SQL、MySQL

対応可能なDataBase障害事例

  • ハードディスククラッシュによるデータベースへのアクセス不可
  • 物理的なファイルの削除 (.dbf、.mdf、.ldf、.log、.ctl、.dat)
  • 論理的なデータ損傷 (Table Drop、テーブルの一部を削除)
  • システムが起動しない場合

Data Base別の障害事例

ORACLE

  • 物理的にファイルを削除した(*.dbf, *.log, *.ctl)
  • DataBase REDO LOGファイル、Controlファイルのバックアップがあり、起動しない場合
  • OSおよびORACLEサーバーのプロセスが始動しない
  • データベース自体をDropした
  • テーブルをDropした
  • テーブル内の一部データをDeleteした
  • テーブル内の一部データをUpdate(Over Write)した

MS-SQL

  • 物理的にファイルを削除した(*.mdf, *.ldf, *.dat)
  • バックアップファイルがあっても、復旧できない
  • mdf、ldfファイルがあっても、attachができない
  • NT Serverおよび、SQL Serverが起動できない
  • テーブルからI/Oエラーが発生
  • attachされたが、FCBを開けませんとエラーが発生
  • データベース自体をDropした
  • テーブルをDropした
  • テーブル内の一部データをDeleteした
  • テーブル内の一部データをUpdate(Over Write)した

MySQL

  • 物理的にファイルを削除した(*.myi, *.myd, *.frm)
  • バックアップファイル(*.myi, *.myd, *.frm)があっても、Attachできない
  • サーバーが起動しない

DataBase復旧の料金・所要時間

復旧サービス正式ご依頼時の料金

障害レベル 納品データ形式
text file export file full database file
*.ctl , *.dat , *.sql*.dmpcontrol,redo,undo,datafile,temp
Level1お問合せください
Level2
Level3

* ファイル修復サービス拡張子一覧 (doc,xls,ppt,mdb,mbx,pst,zip,mdf,ndf,ldf)
* データ復元費用、復旧時間の報告致しますので、その後、データ復旧作業を正式にご依頼ください。

!Level1
データやテーブルのdelete、drop等。
!Level2
有効なバックアップが存在しない場合
!Level3
System テーブルスペースの損傷、data segment header block の損傷、internal code error が発生した場合
お問い合わせ・データ復旧サービスお申込み

PC初心者でも大丈夫。顧客満足度90%以上を誇るLIVEDATAの専任オペレータは業界独特の専門用語を使わず、やさしく分かりやすい言葉や図で丁寧に対応します

お電話でのご相談・お問合せはこちら0120-010-887
メールでのお問合せはこちら
「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」