ハードディスク復旧

ハードディスク復旧1件あたりの平均作業日数
13.84時間(2日以内)
ご依頼の9割以上が機械的に故障したハードディスクです。多くの法人様、パソコン修理会社様にもご利用いただいています。復旧不可案件もご相談ください。

ハードディスクのモーター故障

回転しない、モーター不良は復旧の可能性大です!
ハードディスクの中で、モーターが故障することは稀です。特定のモデルや強い衝撃によりモーターがロックしてしまうと、電源を入れても回転しないため、ディスク自体が認識しません。故障した状態で回転するとものすごい大きな音を出しますので、お客様でも切り分けができます。

正常なモーター

安定した回転
正常なモーター
正常なモーターは、電源投入後、キュィィィーーンと回転して静かになります。安定した振動でディスクのスペックである回転数を維持します。

不良なモーター

動いたり止まったり
不良なモーター
まったく回転しない場合(高い復旧率が期待できる)と、回転数が上がりきらない(回転したり止まったり)を繰り返す場合があります。

モーター不良による障害事例

まったく回転しない
まったく回転しない
モーターがロックしてしまい、電源を入れても回転しない状態です。故障した時から動きませんので、状態悪化がなく、復旧の可能性が高い障害です。
回転したり止まったり
回転したり止まったり
HDDのスペックである回転数まで上がらずに、早くなったり遅くなったりする不安定な状態です。ヘッドが動かないため、認識することはありません。
ものすごい大きい音
ものすごい大きい音
壊れているんじゃないか?とPCに詳しくない方でも心配になるほどの大きな音を発生することがあります。すぐに電源を切ってください。

データ復旧は ワンチャンス!
診断依頼前に見極めを

初期診断時の注意

ハードディスクは精密機械です。パーツの交換などをしていない状態であっても、一度
分解することで、その後の復旧率が大きく低下します。初期診断は無料の会社が多いで
すが、診断時にディスクの分解をしてもよいか?と聞かれたら必ず断ってください。
分解までして確認してくれる良い会社ではありません。分解することで確認できるの
は、メディア面の損傷だけです。これは経験があれば分解しなくても判断できる
内容です。分解することでその後のお客様の復旧の可能性を限りなく低くする
作業となりますので、初期診断時に必ず確認していただきたい項目です。

モーター不良の復旧作業

モーターの交換は、HDDのアッセンブリ交換となります。簡単に言うと、ボディについているパーツのため、ヘッドやプラッタといったハードディスク内部のパーツを全て取り外して、新しいディスクのボディに載せ替える完全移植の作業になります。ヘッド交換に加え、プラッタ移植を必要とする、HDD復旧の中では一番高度な作業になります。

1ドナーの準備

ドナーの準備

互換性のあるディスクをパーツ用に準備する
モーターの交換、すなわちハードディスクのボディの交換となりますので、同じモデル名のディスクを準備する必要があります。同じシリーズの回転数が同じボディを流用できるケースもありますが、エンジニアの経験とデータベースから判断する必要があるため、通常は同じモデルのHDDを準備します。

2ヘッド、プラッタの取り外し

ヘッド、プラッタの取り外し

HDDの全分解、バラバラにする
モーターはHDDのボディ(ガワ)についていますので、ドナーパーツのヘッドとプラッタを全てばらして外し、受け入れ可能な状態にする必要があります。ドナーHDDのヘッドは、もちろん後で使用しますので、故障しないように取り外す必要がありますし、移植するまでの保管方法もかなり気を使います。

3プラッター、ヘッドの移植

プラッター、ヘッドの移植

HDDで一番難しいプラッターの移植
ハードディスクのプラッターはほとんどが複数で構成されています。容量の大きい3.5インチのHJDになるとプラッターが6枚以上入っています。これらをただ外してつけると、HDDは二度と認識されません。プラッタ同士の縦軸にクラスタという概念がありますので、これを1mmもずらすことなく、全てのプラッタを移動させなければいけないのです。

4イメージ取得

イメージ取得

モーター不良のみであればほぼ100%
モーターの故障の場合、それ以上お客様が電源を入れてもディスク自体が回転しないため、一番大事なプラッターに傷をつけることがほとんどありません。(回転してしまっている場合は別です。)そのため、モーター交換後、ディスク内のデータのコードはスムーズに取得できるケースが多いです。

5データの復旧

データの復旧

希望データの抽出と正常性の確認
モーター障害の場合はデータコードの損傷もすくないため、元々のディレクトリ構造そのままきれいにデータを復旧することができるケースがほとんどです。作業自体は難しい高度な技術が必要ですが、結果としてきれいな状態で復旧されますので、お客様の満足度も高い納品ができ、エンジニアとしてもやりがいがあります。

ハードディスクの復旧事例

異音がするハードディスクや認識しないハードディスク、起動しないパソコンなどの物理障害に対する復旧実績を公開しています。特にご依頼の多いSeagate製のST2000DM001等の復旧も実績多数ございます。通電や無料診断による状態悪化、復旧不可能になる前にご相談ください。

ハードディスクの復旧費用

HDD

パソコン内蔵ハードディスク、外付けHDD、ネットワークディスクなど、ディスク単体の費用です。2本構成や暗号化ハードディスクは別途お問い合わせください。

  • パソコン
    内蔵
  • 外付け
    HDD
  • ネットワーク
    ディスク
  • ポータブル
    ディスク
障害レベル 障害内容 復旧費用 作業日数
LV1 軽度障害 ハードディスク自体に損傷なし、
データ削除など
43,200円~ 4時間~
LV2 中度障害 リカバリー、基板損傷、
軽度のセクタ不良など
64,800円~ 4時間~
LV3 重度障害 ヘッド不良、モータ不良、
重度のプラッタ損傷など
108,000円~ 1日~
その他 上記エラーが
複合的に発生する場合
最大270,000円
(2TBまで)
1日~

HDDの部位別障害

ハードディスクは大きく分けて4つのパーツで構成されています。カチカチと異音がする場合は、2.ヘッドまたは3.プラッタの損傷が多く、回転しないような場合は、4.基板または1.モーターの不良などが考えられます。各部品をクリックすると、その部品の障害と復旧作業の詳細ページにリンクしています。

1. モーター(Motor)
モーター記録メディア(プラッタ)を回転させます。
モーター故障の対処方法
2. ヘッド(HEAD)
ヘッドデータの読み書きを行います。
ヘッド故障の対処方法
3. プラッタ(メディア)
プラッタデジタルデータが記録されます。
記録メディア(プラッター)故障の対処方法

データはプラッタに保存される
写真やメールなどのデータ

4. 基板(PCB)
PCB電源供給、動作制御するための基板です。
PCB障害・制御チップ障害