1件あたりの平均作業時間13.84時間

データ復旧サービス総合案内初期診断0円、完全成功報酬
24時間無料でお問合せに対応
技術者が直接電話で対応しますので、わかる範囲でご説明ください。20年の復旧経験から、正確な状況の把握とお見積り、復旧の可能性をご案内いたします。

初めての方へ

データ復旧サービスとは?
アクセスできなくなったデータを取り出して、別のメディアに保存するサービスです。

起動しなくなったパソコン、アクセスできないNAS、ディスク障害の発生したサーバー、認識しないメモリーなど、データにアクセスできなくなった場合に、保存されていたデータを抽出・復旧するサービスです。障害メディアの修理は行いません。

修理

起動する、再インストール
起動する、再インストール
パソコンが起動できる状態に戻すことや、元通りの状態に復元する作業は行いません。このような修理を希望のお客様はメーカーにお問合せください。

データ取り出し

本体は壊れたまま返却
本体は壊れたまま返却
ハードディスクの機械的な故障、データの削除や初期化等で、データにアクセスできない状態のメディアからデータだけを取り出して別に保存するサービスです。

パソコンは壊れて使えなくてもいい、
「中のデータをなんとか取り出したい」方の為のサービスです!

初期診断時は、必ず「分解しないでください!」と伝えてください

初期診断時の注意

ハードディスクは精密機械です。パーツの交換などをしていない状態であっても、一度分解することで、その後の復旧率が大きく低下します。初期診断は無料の会社が多いですが、診断時にディスクの分解をしてもよいか?と聞かれたら必ず断ってください。
分解までして確認してくれる良い会社ではありません。分解することで確認できるのは、メディア面の損傷だけです。これは経験があれば分解しなくても判断できる内容です。
分解することでその後のお客様の復旧の可能性を限りなく低くする作業となりますので、初期診断時に必ず確認していただきたい項目です。

初めての方必見!サービス検討の際の6つのポイントをご案内します

Check 1Check1
トラブル発生!
まず何をすべき?
Check 2Check2
データ復旧の会社を
選ぶポイントは?
Check 3Check3
どんなPCやHDDも
復旧できるの?
Check 4Check4
復旧の費用は
どれくらいかかる?
Check 5Check5
復旧までの時間は
どれくらいかかる?
Check 6Check6
持ち込みできるの?
送ってもいいの?

1. トラブル発生時に気を付けること

まずはトラブルの現象がなにかを確認します。データを削除したり、初期化した様なデータの損傷(機械には問題がない状態)の場合は、すぐに電源を切ることで、状態の悪化を防ぐことができます。また、急にパソコンが立ち上がらない、外付けHDDから異音がする、落としたといった場合は多くのケースが物理障害(機械的な故障)です。電源のOFF/ONを繰り返さずに、すぐにご相談ください。相談は無料です。

物理障害(機械の故障)

機械的な故障は突然発生します。ハードディスクのよくある物理障害の症状をまとめましたので、下記に該当する場合は電源を入れないようにして、すぐに弊社にご相談ください。電源を入れることで、復旧できないくらいに症状が悪化する可能性がありますので注意してください。

論理障害(データ損傷)

オペレーションミス等で発生するデータのトラブルで、削除や初期化等、システムに問題はない状態で、データにアクセスできなくなる障害です。削除領域のデータコードが上書きされると復旧できなくなるので、すぐに電源を切って追加のデータ保存を防止します。

2. データ復旧会社の見極めポイント

なるべく安く、可能な限り早く、確実にデータを復旧したいという心理はお客様共通です。ただし、復旧できるかどうかはお客様のメディアの状態に大きく左右されます。その次に、データ復旧会社の技術力とエンジニアの経験、最後に復旧作業環境です。復旧費用が高ければ復旧できる可能性が高くなるわけではなく、HP上の復旧率は大事なデータを預けるには値しない信頼できない要素です。

  • ディスクが認識しない

電話をかけて対応を見るのが
一番わかりやすいです。

HPがきれい、口コミがたくさんある、大手企業のロゴがある等の判断から、その会社に直接電話で問い合わせをしたところ、技術的な話が通じない、復旧の費用は見ないとわからない、すぐに送ってくださいと言われ、診断を依頼した結果、電話問い合わせの時とはかけ離れた高額な見積が出たというお客様の声を多くいただきます。データ復旧はワンチャンス、1度失敗した後の2回目以降の復旧率はガクッと低くなります。やり取りの中で、少しでも違和感を感じた場合は無料であっても依頼せず、納得できる会社を探してください。

ディスクが認識しない

信頼できない会社

  • 担当がすぐに代わる
  • 依頼前、30分毎に電話がくる
  • 辞めるというと大幅値引き
  • 今依頼しないと復旧できなくなるという
  • 成功報酬に見せかけ、作業料金が発生

信頼できる会社

  • 担当が責任もって対応
  • しつこく電話をかけてこない
  • お客様の予算に合わせた案内をする
  • ゆっくり検討しても何も言わない
  • 成功報酬のため、送料のみ負担

3. 対応メディアと作業範囲の確認

お客様の障害メディアの作業実績が多数あるか、どこまでの作業(ハードディスクの物理障害であれば分解作業が可能か、クリーンブース等の環境があるか)が可能かを確認してください。また、会社によっては得意不得意もありますので、直接電話で問い合わせてください。無条件でなんでもできますという会社は避けたほうがよいでしょう。

4. 復旧費用と相場

残念ながら、データ復旧は各企業ごとに金額に大きな幅があり、相場という概念がありません。障害メディアの容量によって作業時間が増えることと、障害内容・難易度によって、使用するパーツの量や作業量が異なりますので、LIVEDATAの場合はこの2つから復旧費用を算出しています。

  • HDD復旧の費用例(2TBまで最大25万円上限)

お客様に安心してご依頼いただく
ための7か条

1お問合せ・ご相談無料
データ復旧に関するお問合せ、ご相談はフリ
ーダイヤルでいつでも無料です。
2早くて正確な初期診断を無料で実施
窓口最短30分で初期診断を行い、お見積もりを確定します。
診断後のキャンセルはもちろん無料です。
3費用が後から変わりません
初期診断後にお出ししたお見積もりは、その後の作業で追加作業が発生しても上がることはありません。
4完全成功報酬
お客様の希望データが復旧できなければ、費用は頂きません。作業料、調査料などもありません。
5データリストを確認してからの支払い
支払い・納品前に、復旧されたデータのリストを確認いただけます。
6復旧成功時、返却送料は弊社負担
復旧作業が成功して復旧費用をお支払いいただいた場合、返却時の送料は弊社が負担します。
7納品後のデータ保管と廃棄
納品後のもしもに備えて納品データを一時保管しています。また期間経過後は完全にデータを廃棄します。

5. 復旧と納品までの時間

データ復旧会社を検索すると、ほとんどの会社、ほとんどの障害で「最短当日」を目にします。これは1/100件なのか、1/1000件なのかはわかりませんが、最短であることには間違いありません。そこでLIVEDTAでは、1年間分の平均を算出した結果、平均が13.84時間(2日以内)となりました。これはサーバー等の複数HDDを搭載したシステムもすべて含んだHDDの復旧時間です。

1お問合せ・ご相談即時

24時間無料、メールとフリーダイヤルで相談
データトラブルは突然発生するため、弊社では24時間フリーダイヤルとメールでご相談・お問合せに対応しています。サービス検討にあたりご不安な点、内容の不明点などをご質問いただければ、その場で解決致します。

即時

2初期診断・お見積り30分

持込み診断30分で見積もりを提出
東京秋葉原の弊社ラボに障害メディアをお持込いただければ、約30分程度で初期診断を行い、障害内容の確認と作業工程から正確な復旧費用のお見積りをご案内可能です。一度出したお見積りはその後に上がることはありませんので、ご安心ください。郵送時は、弊社到着当日中にご報告致します。
ここまでは無料ですので、キャンセル可能です。

30分

3復旧作業平均13.87時間

HDDなら最短6時間、他社緊急よりも早い通常作業
自社内にクリーン環境とラボを設置、多数のドナーパーツ、20年以上のベテランエンジニアによる復旧作業で、どの会社よりも早くデータ復旧の結果をお届けします。高額な特急料金を支払う他社緊急依頼よりも、弊社の通常復旧のほうが早い場合が多数ございます。技術があるからこそ、高い復旧率と早いスピードを実現できます。

平均13.87時間

4復旧データの確認窓口30分

希望データが復旧されているかの確認、なければ無料返却
復旧作業結果と、復旧したデータの一覧を提出致します。お客様側で最終確認を行っていただきますので早ければ1時間、部署をまたいでの確認などにはそれなりの時間がかかります。また、窓口にご来社いただき、直接データをご確認いただくことも可能です。

窓口30分

5復旧データの保存と納品当日~

お支払い確認後に復旧データの保存を開始
お支払い後のコピーとなりますので、お支払いにお時間がかかりますと、その分納品にお時間がかかります。またデータ量が多い場合、コピーに実時間を頂きますため、お急ぎの場合は必要なデータのみ別途コピーして納品するサービスもございます。お急ぎの場合は、お申し込み時にご相談ください。

当日~

6. 3種類の依頼方法

一番復旧が早いのは、東京秋葉原の弊社ラボへの持込みです。窓口でお話もできますし、お客様の重要なデータを預ける会社や社員を確認する意味でも一番よい方法と思います。遠方のお客様からのご依頼は郵送でお受けいたします。近くの会社よりも往復2日を含めても弊社のほうが早かったとお声を頂くケースも多数ございます。また、持ち出しが難しいサーバーやNASなどのRAID構成機器に関しては、現地作業にも対応しております。

お持込のお客様

住所
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-19
新秋葉原ビル2F
営業時間
平日 9:00 ~ 19:00 (お休み:土日祝日)
電話番号
03-3526-3450
持ち物
障害メディア一式、復旧データ保存用メディア
その他
初期診断の準備を行いますので、ご来社日程のご予約をお願い致します。

ご郵送のお客様

次の3つをご準備いただき、右の写真のようにしっかりと梱包した状態で、弊社までご郵送をお願い致します。

  1. 1障害メディア
    一式
  2. 2データ復旧
    申し込み契約書
  3. 3復旧データ
    保存用メディア
発送先
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-19 新秋葉原ビル2F
データ復旧サービス 担当 まで
TEL:03-3526-3450

出張希望のお客様

現地出張作業が可能なメディアと作業範囲は以下の通りです。遠方や特殊な案件はご相談ください。

サーバー・NAS機器
取扱いや持ち出しが難しいサーバー機器やNASのような共有サーバーに対して現地作業を行います。
ハードディスク単体やメモリー等の出張には対応していません。
サーバー・NAS機器
RAIDボリューム構成
RAID10、RAID5、RAID6以上の冗長性のあるRAIDボリュームに対して現地作業を行います。シングルディスクやRAID0のような物理障害発生時に現地作業ができないものには、対応していません。RAIDボリューム構成
RAID構成情報の損傷
サーバーの突然のダウン、起動しない、リビルド中に止まったなどの障害に対して、現地作業をお行います。データの削除やRAID構成の初期化など、論理的な障害には対応しておりません。RAID構成情報の損傷