TeraStation復旧

TeraStation復旧メーカーよりも早く安くを実現
スピード復旧で結果は翌日報告!
モデル名と容量だけで、お見積もりの確定が可能です。

これらの症状、すべて
即日対応可能な障害です。

アクセスできない
アクセスできない
リビルド中のエラー
リビルド中のエラー
EMモード
EMモード

TeraStationの
復旧方法のご紹介

  1. 1イメージ取得(コピー作成)
  2. 2分析と仮想RAIDの構築
  3. 3物理障害ディスクの復旧
  4. 4RAIDの再構築と比較

5認識できる機械的な障害が発生していないディスクのイメージ取得から始めます。データコードの分析を行い、仮想RAIDを組み込んで、最新データまで正常に復旧できるようであれば、物理的なエラーが発生しているディスクは作業を行いません。データに破損が多い、最新のデータが開けない場合、物理障害のディスクを復旧して、RAIDを再構築、先ほどの復旧データと比較して、結果のよいデータまたは両方のデータを納品します。

TeraStationの
エラーコード

液晶ディスプレイに表示されるエラーコードである程度状態が確認できます。
どのエラーでも復旧は同じ方法で行いますので、電話でも正確な見積もりが可能です。

E04SYSTEM Error E04 Can't Load Krnl!

ファームウェアが破損していることを表します。またハードディスクが故障している可能性の場合もE04が表示されます。

E13RAID Error E13 ARRAYx Error

xx番のRAIDアレイ(=HDD)でエラーが発生している状態を表します。

E14RAID Arrayx E14 Can't Mount

xx番のRAIDアレイ(=HDD)がマウントできなかったことを表します。

E15HDx Error E15 Many Bad Sectors

xx番のRAIDアレイ(=HDD)の不良セクターが多発し、危険な領域に達していることを表します。

E22HDx Error E22 HDx Can't Mount

xx番のRAIDアレイ(=HDD)のマウントに失敗した場合に表示されます。

E23HDx Error E23
HDx Is Faulty

xx番のHDDが故障している時に表示されます。この状態では他のエラーメッセージも同時に表示される場合が多いです。

選べる依頼方法

秋葉原のラボにお持込いただくと一番早く復旧結果をご報告できます。
セキュリティ面の制限がある場合は出張作業も承ります。

お持込のお客様

東京秋葉原の弊社ラボへの持込みが可能な場合は、お電話またはメールでご予約後、障害メディアをお持ちください。復旧をお急ぎのお客様は持込みが一番早く作業が開始できます。窓口でお話もできますし、お客様の重要なデータを預ける会社や社員を確認する意味でも一番よい方法です。

住所
〒101-0021
東京都千代田区外神田1-18-19 新秋葉原ビル2F
営業時間
平日 9:00 ~ 19:00 (お休み:土日祝日)
電話番号
03-3526-3450
持ち物
障害メディア一式、復旧データ保存用メディア
その他
初期診断の準備を行いますので、ご来社日程のご予約をお願い致します。

ご郵送のお客様

お持込が難しい場合は、郵送にて承ります。初期診断時には下記(1)、(2)をご郵送ください。復旧のご依頼の可能性が高い場合や、復旧したデータを保存するメディアの準備がすでにある場合は、(3)も一緒にご郵送頂ければ、納品までのお時間が短縮できます。
※1 印刷環境がない場合は、お申込みフォームから送信してください。
※2 (3)保存用メディアは、データが保存されていないメディアをご準備ください。

  1. 1障害メディア
    一式
  2. 2データ復旧
    申し込み契約書
  3. 3復旧データ
    保存用メディア
発送先
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-18-19 新秋葉原ビル2F
データ復旧サービス 担当 まで
TEL:03-3526-3450

出張希望のお客様

現地出張作業が可能なメディアと作業範囲は以下の通りです。遠方や特殊な案件はご相談ください。

サーバー・NAS機器
取扱いや持ち出しが難しいサーバー機器やNASのような共有サーバーに対して現地作業を行います。
ハードディスク単体やメモリー等の出張には対応していません。
サーバー・NAS機器
RAIDボリューム構成
RAID10、RAID5、RAID6以上の冗長性のあるRAIDボリュームに対して現地作業を行います。シングルディスクやRAID0のような物理障害発生時に現地作業ができないものには、対応していません。RAIDボリューム構成
RAID構成情報の損傷
サーバーの突然のダウン、起動しない、リビルド中に止まったなどの障害に対して、現地作業を行います。データの削除やRAID構成の初期化など、論理的な障害には対応しておりません。RAID構成情報の損傷

復旧費用と作業日数

お電話で障害内容の詳細を頂ければ、確定費用をご案内可能です。
暗号化モデルに対しても復旧が可能ですのでお問い合わせください。

メディア総容量 RAID損傷・セクタ不良 データ削除・HDD障害
2TB 108,000円~ 216,000円~
4TB 129,600円~ 259,200円~
8TB 151,200円~ 324,000円~
16TB 172,800円~ 378,000円~
32TB~ 別途見積もり

NASの復旧事例

対応モデル例の一覧

■ TeraStation PRO TS-HTGL/R5
TS-H0.3TGL/R5 0.3TB、TS-H1.0TGL/R5 1.0TB、TS-H1.6TGL/R5 1.6TB、
TS-H2.0TGL/R5 2.0TB、TS-H3.0TGL/R5 3.0TB、TS-H4.0TGL/R5 4.0TB、
TS-H6.0TGL/R5 6.0TB
■ TeraStation PRO TS-RHTGL/R5
TS-RH1.0TGL/R5 1.0TB、TS-RH2.0TGL/R5 2.0TB、TS-RH3.0TGL/R5 3.0TB、TS-RH4.0TGL/R5 4.0TB
■ その他TeraStation PROシリーズ
TS-8VHL/R6、TS-6VHL/R6、TS-QVHL/R6、TS-WVHL/R1など
■ TeraStation TS-XL/R5
TS-X2.0TL/R5 2TB、TS-X4.0TL/R5 4TB、TS-X6.0TL/R5 6TB、TS-X8.0TL/R5 8TB
■ TeraStation TS-TGL/R5
TS-0.3TGL/R5 0.3TB、TS-0.6TGL/R5 0.6TB、TS-1.0TGL/R5 1.0TB、TS-1.6TGL/R5 1.6TB、TS-2.0TGL/R5 2.0TB
■ TeraStation HD-HTGL R5(銀色テラステーション)
HD-H0.6TGL/R5、HD-H1.0TGL/R5、HD-H1.6TGL/R5
■ その他TeraStationシリーズ
TS-XHL/R6、TS-XEL/R5、TS-WXL/R1、TS-WXL/1D、TS-RXL/R5、TS-RVHL/R6など
■ TeraStation WSSシリーズ
WS-6VL/R5、WS-QVL/R5、WS-WVL/R1、WS-RVL/R5など
■ TeraStation WSシリーズ
WS-QL/R5など

その結果依頼される5人に1人が
「ご紹介またはリピーター」なんです。

※ 2015~2016上半期、一般お申し込みアンケートから