• RAIDサーバーのデータ復旧専門・創業20年

    現地出張24時間、いつでも対応可能
    お電話で見積りを確定できます

    RAIDサーバーの復旧
    最短6時間
    搬出できない場合は
    出張可能
    企業様も安心
    即日NDA締結
    記録媒体を買取して頂くと
    持ち出しません

見積もり・相談はいつでもご連絡ください。他社比較歓迎。
最短当日現地入り、より早く、より安全にデータを復旧します。

  • 出張費無料1
    出張費無料
    復旧できなければ0円
    日本全国、サーバーのデータ復旧に伺います。復旧できない場合、交通費含め費用は頂きません。
  • セキュリティ重視2
    法人や官公庁にうれしい
    セキュリティ重視
    訪問時に機密保持誓約書を提出します。作業に使用した記録メディアはすべて納品し、持ち帰りません。
  • 経験20年の熟練エンジニア3
    経験20年の熟練エンジニア
    が訪問、弊社代表も同行
    作業内容、再見積もり、書類等々は代表が同行しその場で判断、無駄な時間は取りません。
  • 電話見積もりが可能4
    現場作業経験が豊富だから
    電話見積もりが可能
    出張見積り無料の会社に依頼したが高くて断念、最初からやり直し!という無駄をなくしました。
  • 他の会社には真似できない5
    他の会社には真似できない
    付加サービスがあります。
    障害状態や希望によって、起動できる状態の復旧にチャレンジ、オラクルDBにも完全対応しています。

サーバー障害のご相談、出張依頼、お見積もりなど、いずれも無料で承ります。

通話無料0120-010-887
24時間フリーダイヤル、メールフォームで受け付けています。

01技術力

正確な分析
多様なファイルシステムに対応
RAIDサーバーの復旧率、スピードを決めるのはデータコードの分析能力です。復旧ソフトやツールに頼って復旧する会社は、診断時に正確な日程、障害を案内できません。

技術力

1.IBM/GPFS、HP EVA対応
LIVEDATAでは、現行サーバーのほとんどのシステムに対応してします。特に大規模サーバー等の特殊なボリューム構成の復旧には、弊社復旧ソリューションの開発を行い、その都度対応して復旧に成功しています。最新サーバーや、Thin Provisioning系や仮想ボリューム等の障害はLIVEDATAまでお問い合わせ下さい。

1.IBM/GPFS、HP EVA対応

IBM GPFS
(General Parallel File System)
1.IBM/GPFS、HP EVA対応
1TB HDD x 9台をRAID5ボリュームで構築し、さらに仮想的に11グループに分割して、RAID0を構成していた放送局のシステムサーバが、2個のグループ内でディスクに障害が発生し、運用できなくなった。中に保存されている動画のデータを復旧したい。
復旧期間:10日 / 復旧率:98%(成功)
ZFS STORAGE POOL
ZFS STORAGE POOL
1TB x 32台、73GB LOG x 2台、2TB x 20 のディスクを、ZFS Storage Pool ミラーボリュームで使用、担当者が誤って上位フォルダから削除を行った。
図面、設計等のデータを復旧したい。
復旧期間:2ヶ月 / 復旧率:95%(成功)
2.物理障害の復旧能力が高い!
サーバ・RAIDのHDD故障は、ディスク交換により回避されますが、2本同時やリビルド中の故障も多く、HDDの物理障害の復旧能力によって、3本から復旧しなければいけないのか、4本から復旧できるのかによって、復旧率・復旧スピードが大きく違ってきます。また、物理障害の高い復旧率によって、元通りの状態(サーバが起動できる状態)に復旧することも可能になります。

2.物理障害の復旧能力が高い!

3.正確な分析がデータを救う!
RAIDの復旧には、データコード(16進数)を分析して、RAID構成やパラメータ情報の取得、損傷箇所を特定する技術が必要です。簡単な障害はツールを使用すればどの会社でも対応できますが、複雑な構成、障害はしっかりとした分析技術がないと破損ファイルが多く含まれていたり、最新データが開けない等、満足のいく結果は得られません。

3.正確な分析がデータを救う!

  1. 物理障害の高い復旧率
  2. サーバー起動が
    可能に!!

02スピード

通常依頼でも他社特急より早い!
予定を超えたらキャンセル可能
通常のご依頼でも3営業日以内、緊急は24時間作業!
作業開始時にお伝えした予定日時を超えた場合無料でキャンセル可能です。

スピード

共有サーバやデータベースサーバなど、業務に影響の大きい緊急性の高い案件が多いため、業者自体の選定にもあまり時間がかけられません。最短時間や特急という言葉に惑わされず、時間配分を明確に回答できる会社が最終的に早い結果を得られることがあります。LIVEDATAでは、通常依頼であっても最短当日、平均翌日(RAIDサーバ、NAS含むHDD製品)の結果報告実績としており、緊急時には夜間・休日の作業も承ります。また、一部データのみを先行して納品することもできます。(全データはBK完了後に納品)

結果報告時間保証

  1. (1)HDD物理復旧1時間
  2. (2)イメージング1時間*SAS 300GBx4
  3. (3)RAID分析1時間
  4. (4)データ抽出3時間*500GB程度を基準とした場合

ご依頼頂ければ、30秒後には復旧作業開始できます!

最短ばかりで信じられない。
本当はどれだけかかるの?
LIVEDATAの平均(年間)は、なんと
13.84時間
※HDD製品(NAS、サーバ含む)

03費用

電話でメールで費用がわかる
上限設定可能!
実際に依頼しても金額が変わらない!
コレ、ホントに大事なコトなんです!

安心の固定費用

RAIDサーバの障害のほとんどはHDDの故障がきっかけとなり発生しますが、複数あるHDDが同時に何本も壊れることも、すべてのHDDの状態が悪いこともほとんどありません。
1本のディスクが壊れた後、その後の別ディスクのエラーによって障害が発生することがほとんどであり、RAIDの構成によっては、復旧に故障したHDDは必要ないケースすらあります。
LIVEDATAは経験豊富な実績から、メール・電話のお問い合わせだけでも正確なお見積もりが提出できます。

安心の固定費用

会社 問い合わせ時の金額 依頼すると
LIVEDATA 30万~ / 1日 ほぼそのまま 30万~ / 1日
A社 25万~ / 1日 費用UP、期間延長 40万 / 2日
B社 20万~ / 1日 見積もりとかなり違う 60万 / 2日
(1週間なら20万...)

サーバー障害 復旧費用243,000円~税込(BUFFALO/IODATA等/障害内容不問)

  • ※ 他社復旧不可製品もご相談ください。
  • ※ 緊急対応も受け付けております。
ブレのない誠実な費用で
同僚・知り合いに紹介したい率
94.87%

法人様も安心、
セキュリティ企業

個人・法人問わず、安心してご依頼頂けるよう、セキュリティに力を入れています。
外部委託無し、すべて自社作業

セキュリティ

その結果依頼される5人に1人が
「ご紹介またはリピーター」なんです。

※ 2015~2016上半期、一般お申し込みアンケートから

04ORACLE

オラクルの整合性確認
復旧にも対応
整合性の確認や、インポート後のフルダンプエクスポートで納品可能です。御社復旧後のdbf読み込みや、開けないBKファイルもご相談ください。

ORACLE

通常データ復旧は、ファイルの回収を目的としているため、復旧データファイルが開けるかどうかは確認しません。何百万というファイルを確認することは難しく、特殊なファイルは確認する環境すらないためです。
サーバー復旧を依頼されるお客様の希望データがオラクルのようなデータベースだった場合、開くか開かないか分からないデータを納品して終了でよいのでしょうか?
サーバーの復旧だからこそ、より専門的な対応が必要であり、形だけの復旧ではなく使えるデータを納品するべきだと考えています。

ORACLE

他社データ復旧ファイルでオラクルが開けない場合も対応可能です
dbf、dmpから、オープン可能にします!

05よくある障害

対応可能なRAID障害とサーバ
サーバーの復旧に必要な情報として、システム構成、障害内容、HDDの種類、RAID構成、故障後の対応があげられます。システム、RAIDの構成から作業時間が、障害内容と故障後の対応から復旧率が判断できます。障害発生後、すぐに電源を落とすことで、復旧率が一番高い状態を維持できます。

ORACLE

よくあるサーバ・RAID障害

サーバ起動不可

サーバ起動不可
突然のフリーズ、再起動の後、サーバーが起動できないケース。HDDにエラーが発生していることが多く、再起動を繰り返すとデータコードが変わったり、リビルド・初期化が実行される可能性がります。起動できない直後のご依頼であれば、最も復旧が高いケースです。

リビルド中のエラー

リビルド中のエラー
HDDの障害またはディスク交換後のリビルド時、別のディスクに負荷がかかり、追加で障害が発生してしまうケース。ここでHDDの抜き差しや再起動を繰り返し行うと、中途半端な状態から再リビルドが走り、データコードが初期化されて復旧率が下がることがります。

RAID情報損傷

RAID情報損傷
HDDの故障等により、RAIDのステータスがデグレードモードになったり、HDDがofflineになったり、RAIDボリュームの損傷により起動しないケースです。ディスクが切り離されることによりデータコードの変更がされない状態のため、復旧率の高い障害です。RAID構成の再構築、作り直しは絶対にしないでください。データが初期化されます。

仮想ディスクエラー

仮想ディスクエラー
VMWare、Hyper-V等の仮想マシンのファイル自身を削除したり、HDDのトラブルやRAIDの損傷により仮想マシンがマウントできない、起動できないトラブルに対し、仮想マシン内のデータを抽出することができます。
他社依頼で復旧されたファイル(vmdk等)が破損して開けない場合もご相談ください。

データベースエラー

データベースエラー
ORACLE等のデータベースサーバに障害が発生し、復旧させたものの、エラーが発生してオープンできない場合や、古いBKをインポートできない場合等、dbf等のコールドBKファイルからでもデータを復旧することができます。オラクル復旧はフルdmpをエクスポートしますので、確実にオープンできるファイルを納品します。

その他

その他
データの削除やアクセス不可等の論理障害にも対応しておりますが、これらを簡単に復旧できるソフトウェアをご案内しています。Win(ReFS)やLinux(XFS、Btrfs)などにも対応可能です。

06実績公開

モデル名と障害内容から検索できる
サーバーの復旧実績公開
HDDやNAS、USBメモリーなど、合計2,000件以上の復旧実績を2009年から公開しています。同モデル、同じ障害は復旧できる可能性がありますので、諦めずにご相談ください。

サーバー復旧実績