RAID復旧

RAID復旧1件あたりの平均作業日数
13.84時間(2日以内)
ご依頼の9割以上が機械的に故障したハードディスクです。多くの法人様、パソコン修理会社様にもご利用いただいています。復旧不可案件もご相談ください。

RAID機器・ボリュームの障害

RAIDなのに壊れるという現実
大事なデータを入れたり、常にアクセスするサーバーだからこそ、壊れにくいRAIDボリュームを設定し運用します。ただ、RAID設定をしていたとしても故障箇所や障害の発生したタイミング、誤った運用方法によってRAIDは崩れ去り、データを消失するケースがあります。ここではデータ復旧をご依頼されるRAID機器の中でも依頼の多い障害と対応についてご案内致します。

ほとんどの障害は
ハードディスクの故障
から始まる!

初期診断時の注意

稼働中のRAIDサーバーやストレージが突然故障することはほとんどありません。故障の原因として一番多いのはハードディスクの故障ですが、通常RAID5またはRAID10、最近ではRAID6などでRAIDを構成しているため、1本のディスクが故障しても問題ないはずです。が、故障に気付かずに放置、または交換時のリビルド負荷による別ディスクの故障などにより、RAIDが機能しなくなり、データの消失に繋がります。ディスクの故障を確認した時は、まずデータの退避を優先して行います。

RAIDのよくある障害

RAIDボリュームの障害はほとんどがハードディスクの故障から始まりますが、ディスクの交換や再起動等、その後の処置や対応によって追加で損傷が発生し、ハードディスクを交換してもRAIDボリュームのステータスが戻らないケースが多数あります。安易に再起動を実施したり、別の筐体に全て差し替えるなどの作業は行わないでください。データのコードが書き換わると復旧できなくなります。

1ハードディスク fail

ハードディスク fail

電源を入れ続けると取り返しのつかないことに!
ハードディスク障害の原因は様々ですが、代表的な障害に「セクター不良」があります。ハードディスクを使用していると、データの読み書きを行うヘッドに異物が付着したり、外部からの軽い衝撃や長時間の使用による劣化などが発生し、メディア表面に読み込めないセクターが発生します。RAIDコントローラーからは"HARDDISK FAIL"と認識され、切り離されます。その他、ハードディスクとサーバー間の接触異常や通信エラーなどによって"HARDDISK FAIL"となる場合もあります。ハードディスクに障害がない場合でも、一度FAIL処理されたハードディスクはサーバーのRAID構成情報に記録されるため、ディスクの抜き先や初期化を行わない限り、正常ディスクとして使用することができません。

2RAID構成情報の損傷

RAID構成情報の損傷

RAID構成の再設定を行うとデータが消える罠
RAID構成情報とは、通常ハードディスクが故障して障害が発生した場合に、システムを安全にダウンさせたり、運用できるように再設定するために必要な情報です。このRAID構成情報を勝手に削除、あるいは再設定等の作業を行うとデータ損失や、データ領域の一部またはすべてが初期化されてしまう場合があります。コンフィグレーション情報の修正・削除・再作成を行う前に全てのディスクのクローンイメージを取得することをお勧めしますが、難しい場合はサーバー保守業者やメーカーサポートへの問合せを行い、適切な復旧方法を確認した上で、作業を行ってください。

RAID構成情報が損傷している状態

サーバーが起動しなかったり、データにアクセスできない状態ですが、データのコードは残っているので復旧の可能性が十分にあります!

  • コンフィグレーション情報がエラーの状態
    エラーの状態
  • データ領域が正常に保存された状態
    保存された状態

RAID構成情報を再設定した状態

ステータスは正常に戻りましたが、データコードが初期化されているため、復旧できません!

  • コンフィグレーション情報を修正した状態
    修正した状態
  • データ領域が初期化された状態
    初期化された状態

3RAIDカードの損傷

RAIDカードの損傷

RAIDカードに構成情報が保存されていたら要注意
RAIDカードの故障はハードディスクと通信ができないばかりか、RAIDの構成情報を保有していた場合、RAIDカードを交換するとディスクがリセット(初期化)される可能性があります。
復旧の面からみても、RAIDカードの基本的な機能は同じですが、メーカーやモデルによって保存方式や設定が異なるため、RAIDボリュームを正確に分析する技術が必要であり、分析能力によって復旧率に差が出ます。LIVEDATAでは、ほとんどのケースでRAIDカードなく復旧作業が可能ですが、一部特殊なパリティや構成を行うカードがありますので、その際にはRAIDカードのご提供をお願いしています。

4仮想ボリュームの損傷

仮想ボリュームの損傷

マウントできない仮想ディスクの復旧も可能
最近はVMWareやHyper-Vのような仮想環境も増えてきています。「.vmdk」や「.vhd」のようなファイル形式の仮想ディスクはコピーやバックアップも容易な反面、ファイルが破損するとマウントできない状況になります。サーバーやストレージに障害が発生し、復旧された後、ファイルがオープンできない、マウントできない場合も仮想ディスクファイルから内部データの復旧が可能です。ただし、ファイル自体が正常に復旧できていない場合(RAID構成の異常などにより中のデータコードがバラバラでファイルが生成されている場合)は、障害が発生した元々のサーバーからデータを復旧する必要があります。

RAIDサーバーの復旧事例

HDDやNAS、USBメモリーなど、合計2,000件以上の復旧実績を2009年から公開しています。同モデル、同じ障害は復旧できる可能性がありますので、諦めずにご相談ください。

RAIDサーバーの復旧費用

HDD

RAID構成のサーバーやストレージの復旧費用です。ディスク本数と構成、障害内容によって復旧費用を算出します。仮想ディスクや大規模システム、データベースに対応、現地復旧もご相談ください。

  • Windows
    Server
  • Linux
    Server
  • 仮想
    ディスク
  • Storage
  • 出張
    サービス
障害レベル 障害内容 復旧費用 作業日数
LV1 HDD x4 サーバー起動不可、リビルドエラーなど 243,000円~ 2時間~
LV2 HDD x8 5本以上のHDD構成、起動不可など 297,000円~ 6時間~
  1. ※ SCSI, SAS, SATA, FC-AL ディスク等に対応しています。
  2. ※ 水没、分解作業済みディスク等は、別途お見積もりとなります。
  3. ※ 暗号化されている場合は、別途お見積りとなります。
  4. ※ シン・プロビジョニング等の特殊ボリュームは別途お見積りとなります。

対応RAIDサーバーの例

DELL

DELL サーバー各種

PowerEdge C-Series

  • PowerEdge C1100
  • PowerEdge C2100
  • PowerEdge C6100

PowerEdge Blade Servers

  • PowerEdge M910
  • PowerEdge M605
  • PowerEdge M610
  • PowerEdge M710
  • PowerEdge M805
  • PowerEdge M905
  • PowerEdge M1000e

PowerEdge Tower Servers

  • PowerEdge T110
  • PowerEdge T310
  • PowerEdge T410
  • PowerEdge T610
  • PowerEdge T710

PowerEdge Rack Servers

  • PowerEdge R910
  • PowerEdge R905
  • PowerEdge R815
  • PowerEdge R810
  • PowerEdge R805
  • PowerEdge R710
  • PowerEdge 2970
  • PowerEdge R610
  • PowerEdge R510
  • PowerEdge R410
  • PowerEdge R310
  • PowerEdge R210
  • PowerEdge R900
  • PowerEdge R300
  • PowerEdge R200

HP

HP サーバー各種

HP ProLiant ML Server

  • HP Proliant ML 110 G5
  • HP Proliant ML 110 G6
  • HP Proliant ML 115 G5
  • HP Proliant ML 150 G6

HP ProLiant DL Server

  • HP ProLiant DL120 G5
  • HP ProLiant DL120 G6
  • HP ProLiant DL160 G6
  • HP ProLiant DL160se G6
  • HP ProLiant DL165 G5
  • HP ProLiant DL165 G6
  • HP ProLiant DL165 G5p
  • HP ProLiant DL180 G6
  • HP ProLiant DL185 G5

HP ProLiant BL600c
Server Blade system

  • HP Proliant BL 685 G6
  • HP Proliant BL 680c G5

HP ProLiant DL300

  • HP ProLiant DL320 G6
  • HP ProLiant DL360 G6
  • HP ProLiant DL370 G6
  • HP ProLiant DL380 G6
  • HP ProLiant DL385 G5p
  • HP ProLiant DL385 G6

HP ProLiant ML 300

  • HP Proliant ML 310 G5p
  • HP Proliant ML 330 G6
  • HP Proliant ML 350 G6
  • HP Proliant ML 370 G6

HP Integrity

  • HP Integrity rx2660
  • HP Integrity rx3600
  • HP Integrity rx6600
  • HP Integrity rx7640
  • HP Integrity rx8640

HP ProLiant DL500/700

  • HP ProLiant DL580 G5
  • HP ProLiant DL585 G5
  • HP ProLiant DL585 G6
  • HP ProLiant DL785 G5
  • HP ProLiant DL785 G6

HP ProLiant DL1000
Multi Node

  • HP ProLiant DL170h G6
  • HP ProLiant DL2x170h G6
  • HP ProLiant DL4x170h G6

HP ProLiant BL200c
Server Blade system

  • HP Proliant BL 280c G6
  • HP Proliant BL2x 220c G6

Fujitsu

Fujitsu サーバー各種

PRIMERGY RX-Series

  • PRIMERGY RX100
  • PRIMERGY RX200
  • PRIMERGY RX300

PRIMERGY TX-Series

  • PRIMERGY TX100
  • PRIMERGY TX120
  • PRIMERGY TX150
  • PRIMERGY TX200
  • PRIMERGY TX300

PRIMERGY TX-Series

  • PRIMERGY TX100 S2
  • PRIMERGY TX120 S2
  • PRIMERGY TX150 S2
  • PRIMERGY TX150 S4
  • PRIMERGY TX150 S5

NEC

NEC サーバー各種

Express5800 Series

  • Express5800/E110b-1
  • Express5800/110Rg-1
  • Express5800/R110a-1
  • Express5800/110Ca
  • Express5800/110Ek

Express5800 Series

  • Express5800/T110a
  • Express5800/120Rc-1
  • Express5800/120Rd-1
  • Express5800/120Re-2
  • Express5800/120Ef
  • Express5800/120Eg
  • PExpress5800/120Eh

Express5800 Series

  • Express5800/140Rb-4
  • Express5800/140Rc-4
  • Express5800/140Re-4
  • Express5800/140Rf-4
  • PExpress5800/140Hc

IBM

IBM サーバー各種

IBM Server i Series

  • iSeries 800
  • iSeries 810
  • iSeries 825
  • iSeries 870
  • iSeries 890

IBM System i

  • System i515 Express
  • System i525 Express
  • BladeCenter JS22 Express
  • System i550
  • System i595

IBM System z

  • System z10 Business Class
  • System z10 Enterprise Class

IBM BladeCenter

  • BladeCenter HX5
  • BladeCenter HS12
  • BladeCenter HS22
  • BladeCenter LS22
  • BladeCenter LS42
  • BladeCenter PS700 Express
  • BladeCenter JS12 Express
  • BladeCenter JS22 Express
  • BladeCenter JS23 Express
  • BladeCenter JS43 Express
  • BladeCenter QS21
  • BladeCenter QS22

IBM System x

  • System x3755
  • System x3550 M3
  • System x3650 M3
  • System x3250 M2
  • System x3350
  • System x3450
  • System x3550
  • System x3550 M2
  • System x3610
  • System x3650
  • System x3650 M2
  • System x3650 T
  • System x3655
  • System x3400 M3
  • System x3500 M3
  • System x3200 M3
  • System x3100
  • System x3200 M2
  • System x3400
  • System x3400 M2
  • System x3500
  • System x3500 M2
  • BladeCenter HX5
  • x3850 X5
  • x3850 M2
  • x3950 M2
  • x IdataPlex dx360 M2
  • x IdataPlex dx360 M3

その他メーカー

その他メーカー サーバー各種

x86 intel Xeon Rackmount

  • Fire X2270 M2
  • Fire X4170
  • Fire X4270
  • Fire x4275
  • Fire x4450
  • Fire x4250
  • Fire x4450

x86 AMD Rackmount

  • System x3650 T
  • Fire x4540 storage
  • Fire x4640

x86 intel Xeon Blade

  • Netra CP3250 ATCA

x86 AMD Blade

  • Netra CP3220 ATCA
  • Netra CP3020 ATCA