DataBase復旧

DataBase復旧ORACLE、MS SQL、MySQLなど
データベースの復旧はお任せください
他社でDBファイルだけ復旧された場合もご相談ください。

データベース復旧サービス

データベースはノーチェックノークレームがほとんど
データベースを第一希望のデータとして復旧依頼をしても、ファイルは復旧されますが、整合性(開けるかどうか)はほとんどのデータ復旧会社で保証していません。専門性の高いデータのため確認する環境も技術もないためです。LIVEDATAではデータベースの復旧や修復にも対応しており、他社で復旧されたDBファイルを開けないといった場合も、開けるように修復するサービスを行っています。

破損ファイルかも?

ノーチェック納品が基本
破損ファイルかも?
通常のデータ復旧会社では、成功報酬であってもデータファイルが復旧できれば、そのファイルが開く開かないに関わらずご請求となりますのでご注意ください。

納得できる適正価格

技術が違えば、結果が違う
できる会社は数社のみ
データベースの復旧で検索されても、HDD復旧やサーバー復旧時のデータがデータベースという話ばかりで、DB自体を復旧・修復できる会社はほとんどありません。

対応データベースの種類

ハードディスクのクラッシュによるデータベースアクセス不可、サーバー起動不可のためデータベースを抽出できない場合や、オペレーションミスで実データファイル(.dbf、.mdf、.ldf、.log、.ctl、.dat)を削除した場合、TableDrop等のケースからデータを復旧します。

1ORACLE

ORACLE

ORACLEはどんな障害でも復旧が可能です。
物理的にファイルを削除した(*.dbf, *.log, *.ctl)
REDO LOGファイル、Controlファイルのバックアップがあり、起動しない
OSおよびORACLEサーバーのプロセスが始動しない
データベース自体をDropした
テーブルをDropした
テーブル内の一部データをDeleteした
テーブル内の一部データをUpdate(Over Write)した

2MS-SQL

MS-SQL

MicrosoftのSQLにも対応
物理的にファイルを削除した(*.mdf, *.ldf, *.dat)
バックアップファイルがあっても、復旧できない
mdf、ldfファイルがあっても、attachができない
NT Serverおよび、SQL Serverが起動できない
テーブルからI/Oエラーが発生
attachされたが、FCBを開けませんとエラーが発生
データベース自体をDropした
テーブルをDropした
テーブル内の一部データをDeleteした
テーブル内の一部データをUpdate(Over Write)した

3MySQL

MySQL

MySQLの一部の障害に対応
物理的にファイルを削除した(*.myi, *.myd, *.frm)
バックアップファイル(*.myi, *.myd, *.frm)があっても、Attachできない
サーバーが起動しない

データベースの復旧費用

データベース

ORACLEデータベースをオープンできる状態に復旧する費用です。オラクル以外はお問い合わせ下さい。弊社でオープンを確認した後、Full dmp でエクスポートして納品します。

  • Oracle
    8~12
  • PDB
    対応
  • 12C
    暗号化応
障害レベル 障害内容 復旧費用 作業日数
ORACLE DB マウント不可、オープン不可、
BKが開けない等
540,000円~ 2日~
  • ※ お客様または他社でファイルのみ復旧してオープンできない場合にも対応可能です。
  • ※ オープン状態で取得したバックアップファイルからの復旧も可能です。

データベースの復旧事例