NETGEAR ReadyNAS RNDU400 のデータ復旧に成功

障害メディア情報

メーカー
NETGEAR
シリーズ/モデル名
ReadyNAS RNDU400
NAS容量
~4TB
RAID構成
RAID5
障害内容
ディスクが1本エラーを吐くようになってしまっていたのでホットスワップで抜き取り作業をしようとしたところ、
隣のディスクも甘く抜けたようでVolume scan failed to run properlyのエラーを吐きボリュームが消えてしまいました。
復旧天使StandardRAIDでパーティション情報は見れているのですが、表示されるExt2/3/4の中には保管ファイル等はなく
内部パーティションは非対応表示。

復旧作業内容

作業所要時間
2日
復旧希望データ
office、写真、pdf
復旧率
99%以上
障害箇所
Disk3 ヘッド、メディア損傷
作業内容と復旧結果
Disk3はヘッド交換により、99%以上のイメージ取得。
Disk1,2,4は100%イメージ取得。

Disk1のデータコードを分析した結果、論理領域の損傷を確認。
Disk2は交換すぐのディスクのため、データコード無し。

Disk3,4からDisk1の論理領域の損傷を修復し、RAIDボリュームの再構築を行い、194GBのデータを抽出しました。

エンジニアからの一言

エンジニア
ホットスワップ時の障害もあり、データコードが大きく損傷していました。
機械的な故障の物理復旧よりも、データコードが損傷した場合の論理復旧がより難しいため、
中のデータが重要な場合は、無理な抜き差しや電源のOFF/ONを繰り返してデータが復旧できなくなる前に
LIVEDATAまでご相談ください。
相談は無料です。