東芝製ブルーレイレコーダー(DBR-Z160)に保存していたホームビデオが再生できない。

障害メディア情報

メーカー
TOSHIBA
シリーズ/モデル名
DBR-Z160
デジタル機器の種類
Blu-ray レコーダー
容量
2TB
障害内容
東芝製ブルーレイレコーダー(DBR-Z160)の動作が不安定になり、動画データが再生できなくなってしまった。

復旧作業内容

作業所要時間
3日
復旧希望データ
動画データ
復旧率
99%以上
障害箇所
不良セクタ
作業内容と復旧結果
レコーダー内蔵HDDにセクター不良によるメディア損傷が発生しておりましたが、エラー箇所を修復し、99%以上の動画データの復旧に成功致しました。
ホームビデオの動画データをBD-R複数枚に保存して納品致しました。

エンジニアからの一言

エンジニア
ブルーレイレコーダー内蔵HDDが経年劣化による故障してしまうと動画の再生ができなくなる場合があります。
この場合、メーカー修理にてHDDの交換を行いレコーダーの再利用は可能となりますが、データは初期化されてしまいます。
LIVEDATAではHDDの物理故障により再生・録画できなくなったブルーレイレコーダーからのデータ復旧の数多く取り扱っておりますので是非ご相談・ご利用ください。