データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > SERVERデータ復旧実績 > Proliant110-1

Proliant110-1

HP Proliant 110からコピーしようとするとフリーズする。

SERVERデータ復旧実績

2009.06.26

HP Proliant 110からコピーしようとするとフリーズする。

当初サーバーの動きが遅く、その後2番目のHDDがホットスペアへ引き継がれました。
バックアップを今のうちに取ろうと作業を行おうとしたが、コピーの最中にフリーズが発生した。
再起動を行ったところ、重要データがあるパーティションが見えなくなってしまった。

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー Hewlett Packard
シリーズ/モデル名 Proliant110
RAID構成 RAID5(250GBx4)
OS Windows2000 Server
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績Proliant110-1
初期診断を行ったところ、第2,3番のHDDに異常があり、今回の障害に至ったのだと確認されました。ハードディスクには不良セクタが確認されましたが、4本すべてのハードディスクからイメージデータを抽出。
その後リビルドを行ったところ重要データをはじめ利用データが確認されました。
お客様はお急ぎでデータを必要としているため、緊急対応サービス(物理障害)復旧費用500,000円にて納品しました。
 
Disk1
Array #00   : Primary
Array Size  : 9GB
Array Status: OPTIMAL
 
Disk2
Array #01   : Secondary
Array Size  : 9GB
Array Status: FAILED
 
Disk3
Array #02   : Data
Array Size  : 671.4GB
Array Status: FAILED
 
復旧希望データ
作業所要時間 10時間
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 不良セクタ
復旧結果
99%以上復旧可能

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

ハードディスクの障害内容によっては“緊急対応”にてデータの納品をいち早くお届けするサービスがございます。
お客様への納品方法についてはお客様にとってよりよい方法をご相談させて頂くことも可能です。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。