データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > NASデータ復旧実績 > HDLM-160U

HDLM-160U

LANDISK HDLM-160Uにアクセスできない。

NASデータ復旧実績

2009.05.20

LANDISK HDLM-160Uにアクセスできない。

ネットワーク上からアクセスしようとすると上位フォルダ以下のデータを見ることができない。
RAID1として利用しているので、もう一つのハードディスクにアクセスしようとするが認識されない。

me1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー IODATA
シリーズ/モデル名 HDLM-160U
RAID構成 RAID1
容量 0.6TB
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績HDLM-160U ハードディスクを診断したところ、HDD0がディレクトリ構造及びファイルオープンエラーとなっており、復旧できてもデータがディレクトリの障害によりバラバラになって復旧されました。 HDD1の方はデータ領域アクセス不可でマウントができない状態であったので、イメージデータを抽出しデータ領域からデータを復旧しました。 不良セクタによる一部破損がありましたが、99%以上復旧可能ということで納品しました。
復旧希望データ
作業所要時間 2日
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 HDD0:論理領域の障害 HDD1:マウントエラー
復旧結果 99%以上復旧可能

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

RAID1のミラーリングのハードディスクの障害は片方のハードディスクがだめであってももう片方のハードディスクが正常で利用できる場合があります。 2本とも認識がしない場合であっても復旧できる可能性は残されております。 ぜひ弊社LIVEDATAへご相談ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。