データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > NASデータ復旧実績 > HD-H0.6TGL_R5

HD-H0.6TGL_R5

BUFFALO HD-H0.6TGL/R5 異音がしてアクセスできない。

NASデータ復旧実績

2009.07.13

BUFFALO HD-H0.6TGL/R5 異音がしてアクセスできない。

terastationが全く認識せず、異音が発生してる。
CADデータが重要データで、他にデータを保存していないため、現在の仕事はもちろん、今後の仕事にも影響する。
なんとしてでも復旧をして欲しい。
 

me1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー BUFFALO
シリーズ/モデル名 HD-H0.6TGL/R5
RAID構成 RAID5
容量 160GB x4
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績HD-H0.6TGL_R5
本体をお預かりし、4本のハードディスクSP1604 160GB)を確認したところ、HDD3と4に障害が確認されました。
1、2番目からは100%のイメージデータを抽出。
3番目のハードディスクには不良セクタがあり、99%のイメージデータを抽出。
また4番目のハードディスクからはヘッド障害が確認されたので、他のハードディスクから正常なヘッドと交換し、99%以上のイメージデータの抽出を行いました。
RAIDの再構築を行ったところ、データの存在が確認され、98%以上のデータ復旧ができました。
復旧希望データ
作業所要時間 2日
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 不良セクタ、ヘッド不良
復旧結果
99%以上復旧可能

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

terastationに障害が起きた際、リビルドに失敗することで二度とデータが復旧できない場合があります。
再構築の作業に自信がなかったり、RAIDに詳しくない場合データ復旧サービスのご利用をお勧めします。
LIVEDATA豊富な実績と技術でterastationを復旧いたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。