データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > HDDデータ復旧実績 > wd5000aaks-00yga0-1

wd5000aaks-00yga0-1

WD5000AAKS-00YGA0が転倒したら認識しない。

HDD復旧実績

2009.12.24

WD5000AAKS-00YGA0が転倒したら認識しない。

ハードディスクを使用中に誤ってデスク上で転倒してしまった。
電源を入れなおしてもカタカタと音がしてマイコンピュータでも“ディスクの管理”でも認識しません。

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー Western digital
シリーズ/モデル名 WD5000AAKS-00YGA0
サイズ 3.5
HDD容量 500GB
復旧希望データ
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績wd5000aaks-00yga0-1 ハードディスクを開封したところモーターに障害とメディア表面(アウトゾーン付近)への損傷が確認されました。
モーターの交換を実施し、ヘッド交換を4回交換を行いながらイメージデータの抽出を行いました。
復旧データはメディア損傷がひどいため損傷率が高いものとなりましたが、重要データが保存されているフォルダ内のデータには使用できるものが多数確認されましたので、納品しました。
復旧希望データ
作業所要時間 1日
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 モーター / メディア表面
復旧結果 90~95%復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

ハードディスクを転倒してしまうことで、ハードディスク内部のヘッドがメディアを損傷してしまう場合があります。
また、転倒後に通電をした際、もし認識しなかったりカチャカチャと異音がした場合はさらに障害を悪化させる場合もございます。
通電は止めてLIVEDATAへご相談ください。復旧実績豊富なLIVEDATAがあなたの大切なデータを復旧いたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。