1. すべて
  2. 技術情報
  3. 復旧サービス
  4. ツール
  5. HDD復旧
  6. データ復旧
HDD復旧

Windows10/11で認識しないHDDの簡単な対処法5選!

  • シェアする
  • LINEに送る
  • ツイートする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocketに保存
Windows10/11で認識しないHDDの簡単な対処法5選!

windows10または11でHDDが認識しないとき、どのように解決したらいいのか悩みますよね。
「難しい対処はできない」「今すぐに簡単に認識させたい」と思う人がほとんどです。
たしかにパソコン周辺機器の単語は難しいものが多く、読んでも理解できないことがあります。

この記事ではHDDを知り尽くしたデータ復旧の専門業者LIVEDATAが、Windows10または11がHDDを認識しないときの対処法を分かりやすく紹介します。
今すぐ簡単に認識させたいのであれば、読みながら一緒に確認してください。

ただしこれらの対処法を行うことで、HDDの状況が悪化する場合もあります。
とくに異音や異臭がする場合や重要なデータを保存したHDDの場合は、すぐにLIVEDATAにご相談ください。

HDDが認識しないときも相談承ります

Windows10または11でHDDを認識しない原因

Windows10または11でHDDを認識しない原因はいくつかあります。

  • ACアダプターやケーブルの接続不良・故障
  • 電力不足
  • 物理障害や論理障害
  • HDDドライバーの不具合
  • ファイルシステムの破損
  • HDDのパーティションにドライブレターがない

認識しないとき「壊れたのでは?」と焦る人も多いですが、ケーブルの接続不良や電力不足などすぐに解決する原因も多いのです。

Windows10または11で認識しないHDDの対処法5選

Windows10または11でHDDを認識しないとき、簡単にできる対処法が5つあります。

  • アダプターやケーブルの接続を確認
  • デバイスドライバの更新
  • HDDのフォーマット
  • ドライブレターの変更
  • Windowsのトラブルシューターを実行

ただしこれらの対処法は「完全に認識しない」「認識しているが開けない」などHDDの状況によって実行できない場合もあります。
実行できない対処法は飛ばして、実行可能な対処法をお試しください。
それでは1つずつ手順を紹介します。

対処法①:アダプターやケーブルの接続を確認

対処法の1つ目がアダプターやケーブルの接続を確認することです。
ケーブルの接続不良や電力不足により、HDDを認識しないのであれば、有効な手段です。

例えば下記に注目して再度ケーブルを挿し直してください。

  • ACアダプターが正常なコンセントに挿しこまれているか
  • アダプターやケーブルの金属部分に錆や破損がないか
  • パソコン側のUSBポートは正常か
  • ケーブル類に損傷はないか

意外ですが挿し直しただけで、Windows10または11がHDDを認識することがあるのです。

対処法②:デバイスドライバの更新

対処法の2つ目は、デバイスドライバの更新です。
HDDを読み書きするにはデバイスドライバと呼ばれる、システムが必要です。
ドライバーが古かったり一部壊れていたりとドライバーの不具合によって、Windows10または11がHDDを認識しないことがあります。

ドライバーを更新することで不具合がなくなり、HDDを認識できる可能性があります。
ドライバーを最新にする方法は以下の通りです。

①スタートボタンを右クリックし「デバイスマネージャー」を選択
②デバイスマネージャー内から該当HDDを右クリックし「プロパティ」を選択

デバイスマネージャー>プロパティ

③「設定の変更」をクリック
※管理者権限を求められた場合はパスワードを入力します

設定の変更

④「ドライバー」タブから「ドライバーの更新」をクリック

ドライバーの更新

⑤「ドライバーを自動的に検索」をクリック

ドライバーを自動的に検索

⑥以降画面の指示に従って、ドライバーを更新

更新後再起動してください。

対処法③:HDDのフォーマット

対処法の3つ目は、HDDのフォーマットです。
フォーマットは初期化を意味しますが、HDDをOSが使用可能な形式にする役割も持っています。
HDDを別のパソコンで使っていた場合は、とくに有効的です。

ただしフォーマットすることでデータがすべて消えてしまうのが難点です。
重要なデータを保存しているのであれば、フォーマットを試さないでください。

①画面下のwindowsボタンをクリック
②「アプリ、設定、ドキュメントの検索」部分に、「コンピューターの管理」と入力
③表示されたコンピューターの管理を開く
※管理者でない場合は管理者として実行する

コンピューターの管理

④コンピューターの管理画面の左ツリーより「ディスクの管理」を選択
⑤該当のHDDを右クリックし「フォーマット」を選択

ディスクの管理>フォーマット

⑥適当なボリュームラベルを入力し、ファイルシステムを「NTFS」にしてOKを押す
※WindowsでのみHDDを使うのであればNTFSがおすすめ

フォーマットのwindow画面

⑦画面に従いフォーマットを実行する

対処法④:ドライブレターの変更

対処法の4つ目がドライブレターの変更です。
HDDにドライブレターと言われる文字が割り当てられてないと、パソコンはHDDを表示できません

ドライブレターとはCドライブやDドライブのように、コンピューターがドライブを識別するための文字です。
下図でいう赤線部分がドライブレターに該当します。

ドライブの種類

ドライブレターを変更・割り当てる方法は下記の通りです。

①画面下のwindowsボタンをクリック
②「アプリ、設定、ドキュメントの検索」部分に、「コンピューターの管理」と入力
③表示されたコンピューターの管理を開く
※管理者でない場合は管理者として実行する

コンピューターの管理

④コンピューターの管理画面の左ツリーより「ディスクの管理」を選択
⑤該当のHDDを右クリックし「ドライブ文字とパスの変更」を選択

ディスクの管理>ドライブ文字とパスの変更

⑥ウィンドウ画面が出てくるので、追加または変更を行う

ドライブレター追加変更window

対処法⑤:Windowsのトラブルシューターを実行

5つ目の対処法はWindowsのトラブルシューターを実行する方法です。
このツールはWindows10と11に内蔵されているものですが、段階的に削除しているとMicrosoft社のページで発表がありました。

そのため画面が表示される方のみ実行ください。

①画面下のwindowsボタンをクリック
②設定アイコンを選択

設定

③左側からシステムをクリックし「トラブルシューティング」を選択

システム>トラブルシューティング

④「その他のトラブルシューティングツール」で実行できるものがあればトラブルシューティングを実行

対処法を試してもWindows10または11がHDDを認識しないとき

上記の対処法を試してもWindows10または11に認識されないとき、HDDが重度の故障を起こしてる可能性があります。
HDD内に保存されているデータが必要か否かで取るべき行動が変わります。

  • データが必要:データ復旧の専門業者に依頼
  • データが不要:メーカー修理または買い替え

それぞれ説明します。

HDD内のデータが必要:データ復旧の専門業者に依頼

HDD内に保存されたデータが必要であれば、データ復旧の専門業者に依頼しましょう。
認識しないHDDのデータを取り出せる可能性があります。

このとき専門業者の選び方に迷う人がほとんどです。
専門業者の選び方とコツの記事で紹介している通り、下記のポイントを抑えてデータ復旧専門業者を選んでください。

  • 作業時間にスピード感がある
  • 無料で見積もりと初期診断を行ってくれる
  • 復旧できなかった場合無料で返却してくれる

LIVEDATAもこのポイントを抑えた、優秀なデータ復旧専門業者です。
見積もりと初期診断だけでなく、相談も無料ですので依頼を迷ってる場合もご相談ください。

相談と見積もりは0円

HDD内のデータが不要:メーカー修理または買い替え

  • HDD内に保存されたデータが不要
  • すでにバックアップを持っている

上記に当てはまる場合は、メーカー修理か買い替えをしてください。
HDDのデータを取り出す必要がないので修理でフォーマット(初期化)されても問題がないからです。

まだ新しいHDDであれば、メーカー修理が良いでしょう。
しかしHDDには寿命があるため、古いHDDですと、買い替えた方がお得な場合があります。
メーカー修理を問い合わせる前に、同等のHDDの価格を調べておくとスムーズです。

まとめ:Windows10または11でHDDを認識しないなら対処法5選を試してください

Windows10または11でHDDを認識しないなら下記の対処法を試してください。

  • アダプターやケーブルの接続を確認
  • デバイスドライバの更新
  • HDDのフォーマット
  • ドライブレターの変更
  • Windowsのトラブルシューターを実行

これらの対処法を行ってもHDDを認識しないとき、HDDが重度の故障を起こしている可能性があります。
必要なデータが入ったHDDであれば、LIVEDATAにご相談ください。
経験豊富なエンジニアが対応いたします。

営業時間ならお電話での相談もOK

ホーム
お問い合わせ24時間対応