データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > USBメモリーデータ復旧実績 > ruf2-e-1

ruf2-e-1

Buffalo製RUF2-E USBメモリーにアクセスできない。

USBメモリー復旧実績

2010.01.18

Buffalo製RUF2-E USBメモリーにアクセスできない。

Buffalo製USBメモリー RUF2-Eをパソコンに接続してもアクセスできなくなってしまった。3年分の業務データがあるため、いちから作り直すのが大変なので復旧してほしい。

ruf2-e-1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー Buffalo
シリーズ/モデル名 RUF2-E
容量 2GB
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績ruf2-e-1 Buffalo USBメモリーを解体したところ、コントロールチップの障害が確認されたため、交換作業を実施しまいた。
認識後認識に成功し、データを復旧しました。
復旧希望データ 文書ファイル
作業所要時間 5時間
IMAGE取得 約99%  IMAGE取得とは
障害箇所 コントロールチップ
復旧結果 約99%復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

USBメモリーはデータの読み書きを制御するための部品「コントロールチップ」がありますが、コントロールチップの破損をしてしまうと、データ領域にアクセスすることができません。
LIVEDATAで物理障害のUSBメモリーのデータ復旧が可能です。
分かりやすいサービスであなたの大切なデータ復旧いたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。