データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > SERVERデータ復旧実績 > tx150-1

tx150-1

2本のディスクに障害が起き、データにアクセスできない。

SERVERデータ復旧実績

2010.05.25

2本のディスクに障害が起き、データにアクセスできない。

3本のディスク中、2009年に1本のディスクに障害が起き、それ以来2本のディスクでサーバーを運用してました。
しかし、今回もう一本のディスクにも障害が起き、サーバーへのアクセスができなくなりました。

tx150-1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー FUJITSU
シリーズ/モデル名 TX150
RAID構成 RAID5
OS Windows2003 Server
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績tx150-1
サーバーで使用されていたSASの73GB3本のディスク中、0番ディスクが認識ができず、1番ディスクは正常。2番ディスクは不良セクタなどの物理障害が発生した状態で確認されました。
障害が起きた0番ディスクの場合、部品の交換によって認識に成功しました。
その後、イメージの取得作業を実施し、0番と1番ディスクは不良セクタがあったものの、約99%のイメージ取得に成功。1番ディスクからは100%のデータ取得ができました。
それぞれのイメージデータの取得後、論理領域の分析とリビルド処理によってデータが確認され、データを納品しました。
復旧希望データ Dドライブ内のSQLデータベース
作業所要時間 8時間
IMAGE取得 99%  IMAGE取得とは
障害箇所 不良セクタ
復旧結果 99%以上復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

プラッターなどに損傷はなく、ヘッドや不良セクタが発生しているだけであれば、データ復旧の確率は高く、LIVEDATAでは1~2営業日での納品も可能です。
ぜひLIVEDATAへご相談ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。