データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > NASデータ復旧実績 > ts-h1.0tgl-1

ts-h1.0tgl-1

TeraStation TeraStation TS-H1.0TGLがRAID崩壊してしまった。

NASデータ復旧実績

2010.04.13

TeraStation TeraStation TS-H1.0TGLがRAID崩壊してしまった。

過去に一度ディスクの交換をして、そのままRAID5として運用してました。
しかし、今回RAIDが崩壊してしまって、ネットワークから認識ができなくなってしまいました。

me1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー BUFFALO
シリーズ/モデル名 TS-H1.0TGL
RAID構成 RAID1
容量 1TB
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績ts-h1.0tgl-1
Tera station内の4本のハードディスクの診断結果、1,2,3番ディスクは正常に認識されており、4番ディスクは認識が不可の状態でした。
1,2,3番ディスクからのイメージデータ取得作業を行ない、論理領域を確認したところ、RAID10で使用されていたことが確認されました。
1,3番ディスクでの復旧作業を試みましたが、認識に至らず。
3番ディスクは障害が起きた際に交換され、データ保存されない状態であると確認されました。
4番ディスクは認識が不可能で損傷した部品の交換作業を行い、不良セクタは多数存在はしてますが、イメージ取得に成功しました。
2番と4番のディスクでRAID構築作業を行い、論理領域の復旧作業によってフォルダ名単位でのデータが復旧でき、納品しました。
復旧希望データ
作業所要時間 4日
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 不良セクタ
復旧結果 約99%復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

LIVEDATAはすべてのRAID構成の復旧に対応しております。
障害が起きた際はLIVEDATAへご相談ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。