データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > NASデータ復旧実績 > ls-h1.0gl-recorvery

ls-h1.0gl-recorvery

LS-WX1.0TL/R1がRAID崩壊してしまった。

NASデータ復旧実績

2010.11.02

LS-WX1.0TL/R1がRAID崩壊してしまった。

LS-WX1.0TL/R1へのアクセスができなくなりました。
ワードやエクセルなどのデータを復旧してほしい。

ls-h1.0gl-recorveryme1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー BUFFALO
シリーズ/モデル名 LS-WX1.0TL/R1
RAID構成 RAID1
容量 500GBx2
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績ls-h1.0gl-recorvery
初期症状の結果、ハードディスク(ST3500418ASx2)の1番ディスクからは異音が発生しており、認識ができない状態で、2番ディスクは認識が可能だが著しいセクター不良が発生している状態が確認されました。
1番ディスクは3度にわたるヘッド交換の実施において約99%のメージ取得に成功。
2番ディスクはカバー開封を行ったところ、いたるところにメディア損傷が確認されましたが、ヘッド交換を行ったことで約95%のイメージに成功しました。
1番、2番ディスクイメージの取得が完了し、それぞれの損傷が発生した領域を互いに比較の分析を行い、データの組合せによって復旧率を高めることに成功しました。
約99%以上の復旧率でデータが復旧され、データを納品しました。
復旧希望データ 文書,JPG,メールデータなど
作業所要時間 6日
IMAGE取得 99%以上  IMAGE取得とは
障害箇所 不良セクター
復旧結果 99%以上

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

ハードディスクの障害やRAIDの崩壊によって、データにアクセスできなくなってもご安心ください。
LIVEDATAが高い復旧率でデータを復旧します。
RAID復旧は是非LIVEDATAへご相談ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。