データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > NASデータ復旧実績 > hdl-xr4

hdl-xr4

IODATA HDL-XR4W RAID6 RAID崩壊からのデータ復旧

NASデータ復旧実績

2015.09.03

IODATA HDL-XR4W RAID6 RAID崩壊からのデータ復旧

IODATAのHDL−XR4.0WをRAID6の構成で使用していた。
アクセスできなくなり、確認したところRAID崩壊の状態となっていた。
データを復旧したい。

IODATA HDL-XR4.0W/R6me1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー IODATA
シリーズ/モデル名 HDL-XR4.0W
RAID構成 RAID6
容量 4.0TB
障害内容 データアクセス不可 / メディア認識不可 / ETC / RAID崩壊

作業内容

障害事例・復旧実績hdl-xr4 ディスク1,2,3に物理障害は確認できず、100%のイメージ取得。
ディスク4に関してはメディアの損傷により、セクター不良の発生を確認、
99%以上のイメージを取得。
RAID6の構築および損傷したRAID構成情報の分析を行い、無事データを復旧しました。
復旧希望データ オフィスデータ(doc、xls、ppt)と写真データ
作業所要時間 1日
IMAGE取得 100% x3 , 99% x1  IMAGE取得とは
障害箇所 メディア損傷、データ領域の損傷。RAID崩壊
復旧結果 復旧データ量:約1.3TB
xlsなどのオフィスデータと写真をランダムチェックにて、
最新データまでの正常をを確認。で

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

RAID6の場合、デイスク2本が壊れても運用が可能ですが、今回はディスク1本の故障でアクセスできない状態でした。RAIDの構成情報が損傷したり、本体側の問題や、リビルド中に別のディスクが故障するなど、RAID構成であってもアクセスできなくなることはありますので、常にバックアップを取得するような仕組みが必要です。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。