データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > デジタル家電データ復旧実績 > RD-E160-1

RD-E160-1

HDDレコーダー(RD-E160)の再生・録画ができない。

デジタル家電復旧実績

2009.07.02

HDDレコーダー(RD-E160)の再生・録画ができない。

東芝製HDDレコーダーRD-E160から「録画状態に問題があり、録画も再生もできません。」というエラーが発報し、その後全くアクセスできなくなりました。
医療用で使用してもので、1時間程度の検査データ(約5~60件)があります。
データ復旧をお願いします。

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー TOSHIBA
型番 RD-E160
機器類 HDDレコーダー
容量 160GB
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績RD-E160-1
ディスク上に不良セクタが発生しておりましたが、イメージデータを抽出したところ動画のデータを確認しました。
データのつなぎ作業を行い、データを復旧。
不良セクタのために再生時間を表示するデータの情報が破損されておりましたが、約99.9%復旧可能となり、
一部物理障害となりますが、比較的復旧しやすいものでしたので復旧費用180,000円でデータの納品を行いました。
復旧希望データ
作業所要時間 30時間
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 不良セクタ
復旧結果 約99.9%復旧可能

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

HDDレコーダー内の不良セクタによって動画の再生ができない場合があります。
この場合、HDDレコーダーの初期化を行うことによってレコーダーのご利用は可能となる場合がございますが、保存されているデータが戻りません。
LIVEDATAでは再生・録画もできなくなったHDDレコーダーからのデータ復旧を行っております。
是非ご利用ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。