データ復旧 HOME > サポート > LIVEDATA NEWS

LIVEDATA NEWS

LIVEDATA NEWS

2010.02.12

IODATA製 HDL-GTR RAID5暗号化(Encrypted RAID5)ボリュームの復旧に成功

IODATA製 HDL-GTRシリーズは、暗号化が可能な製品であり、RAID0,RAID1,RAID5ボリュームをサポートしています。システム上また、セキュリティ上の安全性を高めた結果、故障が発生した場合の復旧が難しく、暗号化RAID5の構成では、復旧できない場合がほとんどでした。
 
LANDISK      データ復旧に業界初成功!
 
LIVEDATAでは、RAIDシステムのデータ復旧経験を生かし、GTR製品のRAID崩壊を研究し続けた結果、
暗号化されたHDL-GTRシリーズデータ復旧に成功しました。
※2010年2月12日現在、自社インターネット調べ
 
-> LIVEDATAにおけるLANDISK TERA GTR暗号化ボリュームの復旧事例
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 ■ 対象システム
  IODATA LANDISK TERA HDL-GTR1.0
  Encrypted RAID5 (暗号化分散パリティ)
  内臓HDD Seagate250GB x4
 
   RAID5暗号化ボリューム
 
 
 
 
 ■ データ復旧依頼製品の障害内容
  1. ネットワークから共有フォルダにアクセスできない
  2. ブラウザから管理者モードにアクセスできない
  3. 電源を強制的にシャットダウンした
  4. RAID崩壊モードのメロディーが流れる(ピーポーピーポー)
  5. フロントLEDがすべて赤色
  6. デフォルト!P(192.168.0.200)でアクセスすると、RAID崩壊と表示された
 
RAID崩壊モード
 
 
 
 
 ■ データ復旧作業と復旧結果
  初期調査の結果、2本は正常、2本はセクター不良が多数発生していることを確認、全ディスクの
  イメージを取得後、各ディスクのデータ領域を分析しお客様も把握されていなかった故障順序の
  特定に成功しました。良品2本と障害が後から発生したディスクの計3本でRAIDを再構築、追加
  で特殊作業を行い、通常モードの起動を確認しました。管理者モードから全データをバックアップ
  100%復旧完了しました。
 
 
 
-> その他技術情報補足
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 データ復旧専門LIVEDATAでは、暗号化パリティのRAID崩壊データ復旧にも対応していますが、
 暗号化キーであるUSBメモリーが必要不可欠です。
 USBメモリーは複数作成が可能ですので、大切に保管してください。
 
 
 
LIVEDATAは、独自のデータ復旧技術で復旧業界をリードしています。
データ復旧でお困りの際は、LIVEDATAまでお問い合わせください。 
 
 
 
 

一覧へ戻る