データ復旧 HOME > ハードディスク復旧 > ネットワークディスク復旧

ネットワーク対応HDD復旧サービスのご案内

ネットワークディスク復旧サービスのご案内

ネットワーク対応HDD復旧サービスのご案内

企業を始め個人や家庭内での使用も多い
ネットワーク対応のハードディスク
復旧には搭載システムにも精通した
専門エンジニアが必要不可欠です

ネットワーク接続が可能なLANDISKやネットワークディスクは、データの共有が可能なことから企業や部署で多く使用されています。
大部分のネットワーク対応HDDはLINUX系のファイルシステムを使用しているため、故障時のデータ復旧が難しく、身近に設置していないことから不良が判明しにくいのも特徴です。
* HDDが複数搭載されているネットワーク対応HDDは、NASのデータ復旧をご覧ください。

お電話でのご相談・お問い合わせは0120-895-960 メールでの無料相談・お見積もりお問い合わせはこちら

ネットワークディスク復旧について

ネットワークディスクのよくある障害事例

  • ネットワーク上からアクセスできない
    LANDISK本体の共有機能の不良、もしくはハードディスク自体の故障が考えられます。ネットワーク回線をご確認ください。
  • ファイルやフォルダを削除した
    ネットワークディスクでも、削除後にすぐご依頼をいただければ復旧の可能性はございます。
  • HDDを落とした・転倒した
    ディスク内部が損傷している可能性が高いので、絶対に電源を入れないでください。

ネットワークドライブを正常に復旧するために

ネットワークドライブ使用の場合、損傷具合によってはディレクトリ、ファイル名などを正常に復旧できるようにエンコーディングが必要になる場合があります。もしエンコーディングをおこなわず復旧をした場合、文字化けなどが発生しデータの確認が困難になりますのでご注意ください。

ディレクトリ、ファイル名の確認が不可

【他社で復旧した場合】

エンコーディングの変更無く復旧してしまうとディレクトリ、ファイル名が文字化けしてしまうため、データ確認が不可能となります。

ディレクトリ、ファイル名の確認が可能

【LIVEDATAで復旧した場合】

エンコーディングの変更後、データを復旧しますので、ディレクトリ名、ファイル名の確認が可能です。

ファイル名も含めて復旧するので、元のファイル名を損なうことなく納品できます。

暗号化されている場合もLIVEDATAにお任せ

外付けHDDの中には基板上のCHIPを利用して、ディスクを暗号化しているケースが増えてきています。LIVEDATAのHDD復旧サービスでは、このような障害にも復旧事例が多数あり、メーカーに関係なくすべて対応しております。

自動暗号化された外付けケースの分解図です。ここに搭載されているチップが暗号化を行っていますので、ご依頼いただく際には中のハードディスクだけでなく、外付けケースも一緒にご依頼ください。

暗号化されたハードディスクは、接続しようとするとパスワードを求められます。パスワードの認証に何度か失敗した場合、ロックがかかり中のデータにアクセスできなくなりますので注意が必要です。

ハードディスクのデータ復旧

NASのデータ復旧

対応ネットワークディスク一覧

※LIVEDATAでは下記モデル番号以外にも対応しています。

バッファロー BUFFALO LS-160GL,LS-320GL,LS-400GL,LS-500GL,LS-750GL,LS-100GL
LS-L250GL,LS-L320GL,LS-L500GL,LS-L750GL,LS-L1000GL,LS-C500L,LS-C640L,LS-C1.0TL
LS-H320GL,LS-H500GL,LS-H640GL,LS-H1.0TGL,LS-XH500L,LS-XH1.0TL,LS-XH1.5TL,LS-XH2.0TL
HD-H120LAN,HD-H160LAN,HD-H250LAN,HD-H3000LAN,HD-H400LAN
HD-CE500LU2,HD-CE640LU2,HD-CE1.0TLU2,HD-CE1.5TLU2,HD-CE2.0TLU2
HS-DH250GL,HS-DH320GL,HS-DH500GL,HS-DH750GL,HS-DH1000G

IO-DATA IODATA - LANDISKシリーズ / LANDISK HDH-UL120,HDH-UL160,HDH-UL250,HDH-UL300,HDL-120UR,HDL-160UR,HDL-250UR,HDL-300Ur
HDL-F160,HDL-F250,HDL-F300,HDL-F320,HDL-G160U,HDL-G250U,HDL-G320U,HDL-G400U
HDL-GX160R,HDL-GX250R,HDL-GX320R,HDL-GX400R,HDL-GX500R,HDL-GX750R
HDL-W500U,HDL-GW500U
IODATA - LANDISK Home
HDL-GS250,HDL-GS320,HDL-GS500,HDL-GS1.0T,HDLP-G250,HDLP-G320,HDLP-G500
IODATA - LANDISK AV
HVL1-G500,HVL1-G1.0T

Logitec Logitec - NetPocketシリーズ LHD-NAS160W,LHD-NAS250W,LHD-NAS300W,LHD-NAS320W,LHD-NAS400W
LHD-NAS120V,LHD-NAS160V,LHD-NAS250V,LHD-NAS300V

Lacie LACIE - Ethernet Disk mini 320GB,Ethernet Disk mini 500GB,Ethernet Disk mini 1TB Network Space 500GB,Network Space 1TB

ネットワークディスク復旧の料金・所要時間

依頼前のご相談・初期診断

内容 所要時間 料金(税込)
依頼前ご相談・見積もり依頼 お電話 即答 0円
メール 即日~翌日
障害ハードディスクの初期診断・初期調査 お持込 30分程度
ご郵送 24時間

* 初期診断お持込時の所要時間は論理障害を除きます。

復旧サービス正式ご依頼時の料金

障害レベル 障害内容 復旧時間 料金(税込)
軽度 データの削除、フォーマット
ゴミ箱を消したなど
最短4時間 43,200円
中度 リカバリー済みの既存データの復旧や、
ディスク基板、ROMの損傷、軽度のセクター不良など
64,800円
重度 ヘッド不良、HDDの転倒などによるモーターの不良、
重度のプラッタ損傷など
108,000円
その他 上記の障害が複合的に発生する深刻な状態でも 最大270,000円(2TBまで)

1つのファイルが損傷している場合は、ファイル修復サービスとなります。
ex) Office関連ファイル(doc,xls,ppt,access,Outlook express mbx,Outlook pst)
* データベース修復は、Database復旧サービスとなります。
ex) ORACLEデータベース、MySQLデータベース、Postgreデータベース、MS-SQLデータベース
* 他社又はお客様側で一回以上分解作業されたハードディスクの復旧は、別途お見積もりとなります。
* データ復元費用、復旧時間の報告致しますので、その後、データ復旧作業を正式にご依頼ください。

!軽度障害
データの削除、フォーマットなどのハードディスク自体に損傷がない論理障害など、パーツ交換が必要ない場合
!中度障害
リカバリー済みの既存データの復旧や、ディスク基板、ROM の損傷、軽度のセクター不良など、ハードディスクに機械的障害が発生している場合
!重度障害
ヘッド不良、ハードディスクの落下、転倒などによるモーターの不良、重度のプラッタ損傷など、ハードディスクに複合的な障害が発生している場合

ネットワークディスク障害の注意事項

お問い合わせ・データ復旧サービスお申込み

PC初心者でも大丈夫。顧客満足度90%以上を誇るLIVEDATAの専任オペレータは業界独特の専門用語を使わず、やさしく分かりやすい言葉や図で丁寧に対応します

お電話でのご相談・お問合せはこちら0120-895-960
メールでのお問合せはこちら
「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」