データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > USBメモリーデータ復旧実績 > collardandroe-1

collardandroe-1

Collard & Roe USBメモリーを落としたら認識しない。

USBメモリー復旧実績

2010.03.05

Collard & Roe USBメモリーを落としたら認識しない。

Collard and Roe製USBメモリーを落としてしまったら外装の一部が破損されてしまい、それ以降認識されなくなった。

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー Collard and Roe
シリーズ/モデル名 -
容量 512MB
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績collardandroe-1
USBメモリーの基板破損のため、フラッシュメモリー単体を外し、専用の端末にて直接イメージデータを抽出しました。
その後、論理領域の分析とデータ復旧作業によってデータが復旧できました。
復旧希望データ
作業所要時間 2時間
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 基板損傷
復旧結果 100%復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

USBメモリーは半導体部品の集まりでできているため、一部の損傷によって認識できなくなる場合が多いです。
弊社では基板から直接メモリーを外し、復旧作業を行うことも可能です。
障害内容にもよりますが、約1~2日といった短い日数での納品も可能です。
LIVEDATA高い技術と豊富な実績によって大切なデータを復旧いたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。