データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > SERVERデータ復旧実績 > centos

centos

CentOS サーバーへのデータアクセスができない。

SERVERデータ復旧実績

2009.12.18

CentOS サーバーへのデータアクセスができない。

CentOS使用のサーバーが突然立ち上がらなくなり、カチカチと異音がするようになった。

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー Western digital
シリーズ/モデル名 CentOS
RAID構成 -
OS CentOS
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績centos サーバーとして使用していたハードディスクを開封したところヘッドが損傷していることが確認されました。
ヘッド交換を行いましたが、プラッタ1枚構成のうち片面からは正常にイメージは抽出できるが、もう片面の損傷が著しく、残り10%を残したところでそれ以上のイメージ抽出はできず、抽出したイメージデータからデータを普及しました。
データの復旧率はフォルダ毎(保存箇所)によって偏りがあるが、約80%の復旧率で納品しました。
復旧希望データ
作業所要時間 1日
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 ヘッド障害
復旧結果 約80%

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

カチカチと音がするWestern digital WD3200AAKS-00B3A0のハードディスクはデータの復旧が極めて困難な障害です。
障害が起きたら直ちに通電を中止し、LIVEDATAへご依頼ください。
お客様の大切なデータを復旧いたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。