データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > HDDデータ復旧実績 > SP1614N

SP1614N

RAID0(Samsung SP1614N)が認識しなくなってしまった。

HDD復旧実績

2009.06.10

RAID0(Samsung SP1614N)が認識しなくなってしまった。

自作でRAID0として組んでいたハードディスク(SP1614N)2台がどちらとも回転はしているようだが、認識しなくなってしまった。

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー SAMSUNG
シリーズ/モデル名 SP1614N
サイズ 3.5
HDD容量 160GB
復旧希望データ
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績SP1614N 2台のハードディスクどちらもヘッドの障害ということが確認されました。ヘッドを交換したところハードディスクが認識したので、イメージデータを抽出しRAIDの再構築を実施し、データ領域から大切な写真やビデオ動画などが確認されデータ復旧可能となりました。
復旧希望データ
作業所要時間 2日
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 ヘッド
復旧結果 100%復旧可能

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

ヘッド障害の場合、交換を行うことでデータが復旧できる可能性が高いのですが、ヘッド障害時に損傷したヘッドがプラッタ(円盤)に傷をつけてしまう場合があります。ハードディスクがおかしいなと感じましたら通電などを控え、データ復旧サービスのご利用をお勧めいたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。