テクニカルサポート

お役立ち情報とコラム技術的な情報から
社員の日々のコラムまで
データ復旧の技術的な情報や、お客様ができる復旧方法、ツールや緊急時の対応など、データトラブルに関するお役立ち情報と、弊社社員のコラムをご紹介します。

お役立ち情報・コラム

Windowsの無料機能(Bitlocker)でドライブを暗号化しよう
個人や一般的な企業でも簡単にパソコンのハードディスクを暗号化して、セキュリティを強化することができるWindowsの機能の一つに、Bitlockerが有ります。ファイル単位のEFS暗号化と異なり、ドライブ単位で暗号化を行うため、例えば本体やディスクが盗難にあったとして、回復キーまたはパスワードが無ければ中のデータにアクセスできません。しっかりと保管するようにしましょう。

Windowsの無料機能(Bitlocker)

1暗号化Bitlockerとは?

Windowsに搭載されている、無料で使える暗号化機能です。ハードディスク内のドライブを暗号化することで、持ち出されたり、盗難にあった場合もパスワードまたは回復キーが無ければデータにアクセスできません。使用時は一度パスワードを入力してしまえば、煩わしさもなく通常と同じ感覚で使用できます。使用できるバージョン、エディション等の詳細はマイクロソフトにお問合せください。

暗号化EFS

超重要です!

Bitlockerでドライブを暗号化する場合、回復キーを必ずバックアップしてください。このキーが無いと、Windowsが起動しない等のトラブルが発生した場合に、データにアクセスできなくなる可能性があります。パスワードまたは回復キー、どちらもない素の状態のBitlockerからは、データ復旧の会社であってもデータを復旧することができません。回復キーは必ず取得し、暗号化したドライブとは別の場所に保管してください。

2Bitlockerの障害事例

障害事例 1

パソコンが起動できなくなった、回復キーは保存しているが、ハードディスクが認識しない。

HDD復旧後に解除して対応

HDD復旧後に解除して対応

障害事例 2

退職した社員のパソコンを見たいがパスワードが変わっていて見れない、回復キーもない。

回復キー、パスなしでは不可

回復キー、パス無しでは不可

Bitlockerで暗号化されたドライブは、回復キーがあれば復旧可能です。またパスワードだけの場合も復旧できる可能性はあります。ただし、どちらもない素の状態では暗号化を解除して中のデータにアクセスすることはできませんので、管理者の方が必ず回復キーをバックアップしていただくようにお願いします。

3Bitlockerで暗号化してみよう

ドライブ暗号化の手順をご案内致します。非対応なシステム、バージョンもありますので、コントロールパネルから確認していきます。この作業はハードディスクに損傷がある場合、作業途中にドライブにアクセスできなくなる可能性や解除できなくなる可能性もありますので、必ずデータのバックアップを取得してから行ってください。
※以下に説明する方法は、システムやバージョンにより異なります。作業によって生じたデータの消失、機械・メディア等の破損に対してLIVEDATAは一切の責任を負いません。

1スタートから、コントロールパネルを選択します。

コントロールパネル

2BitLocker暗号化をクリックします。ここに表示されていない場合は使用できません。

機能一覧

3暗号化したいドライブを選択し、「BitLockerを有効にする」をクリックします。

Bitlocker有効

4ドライブの解除方法を選択します。回復キーは必ず保存してください。

回復キー

5暗号化が完了すると、暗号化されたドライブのアイコンが変わります。

有効なドライブ

6「Bitlockerを無効」で解除することもできます。

Bitlockerの解除

Bitlpckerの注意点

Bitlockerをサポートしていないパソコンに、Bitlockerで暗号化されたドライブを接続すると、「今すぐフォーマットしますか?」と表示されます。暗号化ドライブを回復するには、Bitlockerをサポートしているシステムで行う必要がありますので、フォーマットしないように注意してください。

データ復旧お役立ち情報