テクニカルサポート

お役立ち情報とコラム技術的な情報から
社員の日々のコラムまで
データ復旧の技術的な情報や、お客様ができる復旧方法、ツールや緊急時の対応など、データトラブルに関するお役立ち情報と、弊社社員のコラムをご紹介します。

お役立ち情報・コラム

データ復旧費用の相場は?なぜ費用に差があるのか?
コンピューターの情報を記録してくれるHDDのデータが失われてしまっては大変ですよね。専門業者に依頼して、データを復旧してもらうことも可能ですが、業者によって、また破損の程度によっても費用が大きく変わってくるので要注意です。今回はHDDデータ復旧費用の相場と、費用が決まる仕組みについて紹介します。

費用の差

1復旧費用はHDDの障害によって異なる

結論からいうと、HDDの障害の大きさや症状によって復旧にかかる費用は変わります。主な障害の種類と程度は以下の通りです。

障害の種類

HDDの障害の種類は大きく分けて「論理障害」と「物理障害」のふたつです。

1論理障害

論理障害

ハードディスクそのものに問題がなく、記録されているデータのみが破損してしまっている状態を「論理障害」といいます。論理障害が発生するのは、ウイルスによる感染、またはデータの消去や初期化など人為的な原因であることが多いです。ハードディスクそのものは動くため、気づきにくいこともありますが、OSが起動しなかったり、ファイルやフォルダが開かなかったりする場合は、論理障害になってしまっている可能性があります。

2物理障害

物理障害

論理障害に対して物理障害はハードディスクそのものの破損によって起こるものであるため、比較的早く気づけます。そんな物理障害の原因は振動や衝撃などによる破損であることが多いですが、ハードディスクの経年劣化によって起こることも少なくありません。物理障害が起きるとOSが起動しなくなり、異音や異臭、発熱することもあります。

障害度の違い

一般的に論理障害よりも物理障害の方が障害度は高いといわれています。どのような違いがあるのか見ていきましょう。

1軽度障害

軽度

ウイルス感染やデータの初期化、データ削除直後などは軽度の論理障害に分類されます。この場合家電量販店やオンラインショップで販売されている「データ復旧ソフト」を購入することで改善される可能性があります。ただし、論理障害と物理障害の判断は専門知識がなければわからないこともあるので、よく考えてソフトを購入するようにしてください。中度~高度の物理障害だった場合、データが復旧できなくなる可能性が十分に考えられます。

2中度障害

中度

軽度障害への措置で解決されない論理障害やハードディスクを開封せずに措置できる物理障害は、障害の度合いでいうと「中」です。中度になってくるとデータ復旧ソフトでも問題が解決されない場合がほとんどです。

2重度障害

重度

「ガリガリという音が大きい」「異臭が強い」となった場合、重度の物理障害になってしまった可能性があります。また、RAIDが崩壊したり、ヘッドクラッシュなどクリーン環境下で解析したりする物理障害も重度障害に分されます。重度障害の場合、パソコンからハードディスクを取り出して、専用の機械で措置を取る必要があるため、パソコンの専門知識がない人にとっては措置が難しいものです。あまりに重症の場合、専門業者でもデータが復旧できない可能性がゼロではありません。自分で無理に復旧しようとせずに、まずは業者に診断してもらうことをおすすめします。

2HDDのデータ復旧費用の相場

ここからは気になるHDDのデータ復旧費用の相場について紹介します。

復旧費用の相場

このようにHDDのデータ復旧費用の相場は「物理障害か論理障害か」と「障害の程度」のふたつによって決まります。重度のものになると、さらに費用がかかることもあるので、まずは見積もりを取ることをおすすめすますが、診断費用を請求する業者もありますので、よく比較して決めるようにしてください。

ちなみに市販のデータ復旧ソフトは5,000~1万円程度です。修理に出すことを考えれば非常にお得ですが、ソフトを使って必ず復旧するとは限りません。復旧できなかった場合ソフト代の無駄遣いになってしまうので、よく検討してください。

3なぜ業者によって費用が異なるの?

依頼する業者によって費用が変わってくる理由は大きく分けて下のふたつです。

設備の違い

設備の違い

相場よりも高い費用を提示している業者の多くはクリーンルームなど、充実した設備をそろえているところが多いです。また、カウンセリングからデータ復旧まですべて自社で完結している業者であれば安価に設定できますが、外注している業者はどうしても外注費用が発生するため、相場よりも高くなります。設備の充実度は魅力のひとつですが、それだけで決めてしまうのはいささか危険です。口コミや実績などを見て決めることをおすすめします。

技術力の違い

技術力の違い

高い技術力を持つスタッフをそろえている業者であれば、データ復旧作業も短時間で済みます。しかし、そうでない業者はどうしても工数に時間がかかり、その分だけの人件費が発生しています。 当然のことながら、その分費用が跳ね上がってしまうのです。時間がかかるのに、費用が高いというのは気持ちがいいものではありませんよね。そのようなことがないように、高い技術力を持っていたり、ベテランスタッフが多く在籍していたりする業者を選ぶことをおすすめします。

4復旧するまでどれくらいの時間がかかるの?

復旧までの時間

HDDデータ復旧だけではなく、コンピューターの修理にかかる時間は業者によって大きく変わります。「なぜここまで違うのだろう」と不思議に感じている人も多いのではないのでしょうか。

作業完了までに時間がかかる理由はさまざまです。ひとつは、在籍しているスタッフの技術力。技術力がなければ、診断ひとつとっても時間がかかります。時間がかかるだけではなく、診断力が未熟だと作業に入ってから新たな問題に気づき、追加費用を請求してくる恐れがあるのです。当然のことながら、さらに作業時間が発生します。

また、設備面も大きなポイントです。特に重度物理障害のHDDデータを復旧するときには、ハードディスクを分解し、特別な機械でデータを復旧する必要があるため、設備面は重要な要素です。地方の会社である場合、この設備が整っていないことが多々あります。反対に設備が充実している会社では、ハードディスクのパーツ交換が必要になったとしても、自社ですぐにドナーパーツを用意できるため、作業がすぐに完了します。

さらにアウトソーシング(外注)している業者も、時間がかかりがちです。外注するとなるとどうしても、HDDの発送に日数を要するため、どんなに最低でも3日はかかります。急いでいる人にとっては遅いと感じるかもしれません。HDDを他社に出してしまっているので修復不可だった場合や、キャンセルしたときにもすぐに返送できず、スピードを感じられません。輸送トラブルが起こる可能性もゼロではないため、心配な方は避けた方がいいでしょう。

アウトソース

5まとめ

データ復旧サービスを利用する方のほとんどは一見さんです。いきなりデータが消えてしまったことで、パニックになってしまっていることも少なくありません。そのような状態で、適切な業者を短時間で決めるのは大変なことかと思います。今回は、そのようなお客様のために、よくある質問をもとにした比較記事を作成いたしました。「誠実対応」を理念に掲げている弊社は、同一金額のご提示と確かな技術力、そして真面目な姿勢が自慢の会社です。同業者からのパートナー契約やご依頼の声も多くいただいており、確かな信頼と実績を築いていると自負しております。経験豊富なスタッフをそろえ、細かく正確な診断と、スピーディーな納期をお約束致します。お客様の5人に1人はリピーター、または紹介で来ていただいたお客様です。データ復旧にお悩みの方はぜひ一度ご相談くださいませ。相談は無料でおこなっています。

データ復旧お役立ち情報

  • 自力HDD復旧の確率は?2019.11.11
    自力データ復旧の確率は?HDDにアクセスできない理由の約半分は機械的な故障!逆に残りの半分は自力で復旧できるかも!?
  • データ復旧会社の選び方2019.11.01
    データ復旧会社の選び方こんなはずじゃなかった!を未然に防ぐ、データ復旧を失敗したくない方必見、正しい会社の選び方!
  • データ復旧の相場は?2019.10.21
    データ復旧の相場は?なぜ費用に差があるのか?理解すべき2つのポイントをプロが分かり易く説明します。
  • データ復旧とは?2019.07.21
    データ復旧とは?なんで高いの?どうやって復旧するの?1分でわかるように画像付きで解説しています。
  • ファイルを暗号化しよう2019.01.20
    ファイルを暗号化しようWindowsのEFS機能を利用して、簡単かつ安全にファイルとフォルダを暗号化する方法!
  • ドライブを暗号化しよう2018.07.15
    ドライブを暗号化しようWindowsのBitlocker機能を利用して、ドライブ自体を暗号化でデータを守る方法!
  • 安全なデータ管理方法3つ2018.07.12
    安全なデータ管理方法3つデータを失わないために行うメンテナンスは3つだけ。データ消失は誰にも訪れます!