ORA-01578 エラーのオラクルからデータ復旧に成功

障害メディア情報

データベースの種類
ORACLE
オペレーティングシステム
Windows
データベースのバージョン
9.2
DB容量
21GB
障害内容
ORA-01578の障害発生(一部のテーブルに破損、データベースおよびシステムはその領域に接触しない範囲で動く状態)、復旧作業中にサーバーがダウンした。
メーカーに起動できる状態に戻してもらったが、ORACLEに接続できなくなった(ORA-12514)。
SQLPLUSでシャットダウンもできず、スタートアップにも失敗する。
コールドバックアップもできない状態、ここから復旧してほしい。

復旧作業内容

作業所要時間
3日
復旧希望データ
ORACLEデータベース
復旧率
オープン成功
障害箇所
ORACLE DB ファイル損傷
作業内容と復旧結果
dbfファイルを分析した結果、Columnカタログなどかなりの損傷が発生している状態を確認しました。
現在のテーブルやスキーマ生成スクリプトをご提供いただき、テーブルカラムのマッピングを行い、データを抽出しdmpファイルとして納品しました。

エンジニアからの一言

エンジニア
本件では、今までになくデータコード自体の損傷が確認されました。
エラー部分をスキップさせるとデータがかなり少なくなってしまうため、エラーコードを含めた状態で納品しました。
サーバーに障害が発生した場合、すぐにイメージコピーを行ってクローンを取得すれば、状態が悪化する前の状態で復旧が可能です。