データ復旧 HOME > データ復旧トレーニング > データ復旧技術トレーニングサービス

データ復旧高度技術トレーニングサービス

データ復旧高度技術トレーニングサービス

データ復旧高度技術トレーニングサービス

データリカバリービジネスを成功へ導く
データ復旧高度技術トレーニングサービス

データ復旧16年で培った経験に基づく、独自のノウハウと業界最先端の復元技術を完全伝授。ハードディスクの高度なデータリカバリートレーニングを、お客様の習得希望スキルに合わせて3プランをご用意しました。

論理障害復旧コース 物理障害復旧コース サーバ+NAS+RAID障害復旧コース

データ復旧トレーニングサービス概要

LIVEDATAは、16年以上のデータ復旧経験から蓄積されたノウハウをもとに、データ復旧技術のトレーニングを実施しています。
業界でもトレーニングを行うのは一部の企業のみ、特殊な技術として扱われるデータ復旧の技術をコース別に提供しています。

データ復旧高度技術トレーニングサービスとは

データ復旧技術は、復旧関連分野において10年以上の経験と熟練した技術を必要とします。よって豊富な経験、高度な技術を習得したエンジニアのみがデータ復旧技術の教育が可能であり、差別化された技術分野であると認められます。

ライブデータのデータ復旧トレーニングコースは、3種類のコースで構成されています。最初はデータ復旧の基本であり最も重要な論理領域の把握、修正を研修する論理障害復旧コース。次によりコアな技術となる物理障害復旧コース。最後は論理障害・物理障害コースを受講されたお客様、または同様のデータ復旧サービスを提供している企業に対しての更に高度なシステムサーバーNASRAID障害復旧コースの3つで構成されています。

技術や用途に合わせて3種類のコースをご用意致しました。

論理障害復旧コース 物理障害復旧コース サーバ+NAS+RAID障害復旧コース

LIVEDATAデータ復旧高度技術トレーニングサービスの特徴

データ復旧最前線で活躍しているエンジニアが講師を務めるため、より最新の事例を、より具体的な症状から講義を組み立てています。基本的なファイルシステムの構造からヘッド交換RAID再構築方法など、すべてのトラブルに対応できる技術が習得可能です。

特徴1
実際に起こった障害事例に基づく実践的なトレーニング
特徴2
少人数制だから復旧技術の理解と習得度が高い
特徴3
最新鋭の設備とツールで様々な事例に対応。応用力が違います
特徴4
データ復旧業界16年のベテラン経験者が講師

以下のような企業様に最適なビジネスプランです

LIVEDATAで実施するトレーニングでは、徹底した教育内容の品質向上と技術の保安のため、受講対象を1社様に限定して構成しています。

論理障害復旧コース物理障害復旧コースサーバ+NAS+RAID
障害復旧コース
  • 企業のシステム管理者
  • データ復旧サービスの導入を検討している方
  • コンピュータのサポート
  • 販売、修理業務に携わるカスタマーエンジニア
  • システムエンジニア
  • 企業のシステム管理者
  • ソフトウェアによるデータ復旧サービスを提供されている企業様
  • コンピュータのサポート
  • 販売、修理業務に携わるカスタマーエンジニア
  • システムエンジニア
  • 大企業のシステム管理部署様
  • システム保守をされている企業様
  • 上級のデータ復旧技術を希望される同業者様

LIVEDATAデータ復旧高度技術トレーニングサービスに関するご相談・お見積り・お問い合わせはこちらから

トレーニング内容

トレーニングはコース別に重要度、難易度、頻度などから、受講後すぐに現場で活躍できるよう構成されています。
データのトラブルには様々な症状があり、それぞれの障害内容に合ったデータ復旧の方法が存在します。本トレーニングでは、どのような障害でも必要となる基本的なデータ復旧の技術と、統計的に復旧依頼が多い障害事例をもとにトレーニングを実施します。

データ復旧の基礎から論理障害復旧までを伝授

データ復旧の基本として、ファイルシステムの理解と修復方法を学びます。復旧ソフトを使用して復旧できるデータと復旧できないデータの違いは?論理障害と物理障害の正確な診断方法は?など、データ復旧業務を始めるのに最低限必要な情報と技術を伝授いたします。

論理障害復旧コース

データ復旧理論
ハードディスクの構造および動作の原理、パーティションテーブルとブートテーブルの理解、ハードディスクモデル別のROMバージョンおよびファームウェア識別方法など

基礎技術習得
イメージ / ファイルのバックアップ技術の習得、データの永久削除技術の習得など

論理障害復旧
データ修正のEditor使用方法、フォーマット、パーティション削除の復旧、OSの再インストール時の復旧、OSの障害別復旧など

高い技術を要する物理障害の復旧までを完全伝授

機械的に故障した物理障害ハードディスクの復旧を学びます。メーカー・モデル毎に異なる特定障害内容の診断や判別方法、PCB基板の修理、ヘッド交換、モーター不良の対応など、HDDに対する機械的な復旧方法を反復練習を行いながら実例をもとにレクチャーします。

物理障害復旧コース

ハードディスク構成
ハードディスクの構造および動作の原理、メーカー・モデル毎に異なる特徴の説明、パーツの互換性など

パーツ交換技術
PCB基板、FW損傷、ヘッド交換モーター不良など、ハードディスク全体の物理的な復旧作業を反復練習を行いながら伝授します。

物理障害復旧
具体的なハードディスクの障害事例をもとに、初期診断から不良個所の特定、パーツ交換、物理損傷を回復したあとのデータ復旧までをトータルに研修します。

さらに高度な技術を習得したい企業様向け

論理障害コース、物理障害コースを受講されたお客様を対象に、より高度なRAID構成のサーバー復旧コースをご用意しています。サーバー・RAIDは複合的な障害が多く、ハードディスクの物理的な損傷を修復したのちも、ハードディスクを分析して、RAID構成の解析・再構築が必要なため、非常に高度な復旧技術となります。

サーバ+NAS+RAID障害復旧コース

RAID構成の種類
RAID0,RAID1,RAID5など、多くの企業・NAS・サーバーで利用されているRAIDボリュームを理解します。

RAID情報の再構築
実データ領域にエラーがなく、RAIDコンフィグレーションのみが損傷しているケースも少なくありません。RAIDを安全に再構築する方法を学びます。

RAID構成ディスクの分析方法
順番が入れ替わってしまったRAID構成の分析には、多くの時間と確かな技術力、豊富なデータ復旧経験が必要となります。分析のコツを伝授します。

LIVEDATAデータ復旧高度技術トレーニングサービスに関するご相談・お見積り・お問い合わせはこちらから

トレーニング施設

トレーニングは、東京秋葉原のLIVEDATA本社で行います。ハードディスク復旧などの物理障害はLIVEDATAの復旧室内で行いますので、実際の復旧現場を体感しながら技術の習得が可能です。トレーニングに必要な設備、ツールなどはLIVEDATAが別途準備いたします。

施設例

LIVEDATAのデータ復旧設備・施設の詳細はこちら

トレーニング受講の流れ

まずはLIVEDATAまでお問い合わせください。現在のお客様のサービス内容や事業内容、復旧技術を考慮したうえで、最適なリカバリープランをご案内いたします。

お問い合わせ 事業内容、受講希望内容のヒアリング 受講コースのご案内
(カスタマイズ有)
契約書の締結 トレーニング
スタート!

Q&A

データ復旧トレーニングに関するよくある質問をご紹介します。Q&Aで解決できないご質問は、LIVEDATAまで直接お問い合わせください。

Qデータ復旧ソフトで復旧できない場合でも、研修後は復旧できるようになりますか?
Aデータ復旧ソフトで復旧できない理由により復旧が可能な場合もあります。
論理障害復旧コースを受講いただければ、復旧ソフトでデータが復旧できない原因を特定することができます。この原因が修復できる障害であれば復旧は可能ですが、データ領域のコード値が損傷しているような場合は復旧が不可能です。また、物理的な要因によって復旧ソフトが正常に動作できない場合もございます。

Qヘッド交換など、希望する技術だけを選択することはできますか?
Aカスタマイズには対応しておりますが、基本はコース受講になります。
すべての障害は単一ではありません。一部の技術だけを習得したとしても、コース全体の理解度が足りない場合は習得技術を生かすことができないため、基本的にはすべてコース受講となります。ただしすでにデータ復旧業務されているお客様で、LIVEDATAが研修の必要なしと判断した場合には、カスタマイズさせていただくことがございます。
お問い合わせ・データ復旧サービスお申込み

わたくしたちLIVEDATAへのご質問、ご要望、取材依頼、ビジネス提携やトレーニングに関するお問い合わせなどがございましたら、以下よりお問い合わせください。またLIVEDATAデータ復旧サービスのお申し込みもこちらから受け付けております。

総合お問い合わせ データ復旧サービス、ソフトウェアのご質問や、パートナー締結、トレーニングなどLIVEDATAの事業内容に関するお問い合わせはこちら。

データ復旧サービスお申込み HDDやサーバ/RAID、Flash SSD、NASなど多様なメディアのデータ復旧お申し込みはこちらです。まずは無料初期診断をお試しください。