データ復旧 HOME > サポート > テクニカル サポート > ファイルを暗号化する

ファイルを暗号化する

ファイルを暗号化する

ファイルを暗号化する

データの暗号化はセキュリティ対策の第1歩
だからこそ正しい知識を身につけたい。

使用中のPCや、データが保存されているハードディスク等の盗難、紛失、ウィルスによるハッキング、不法ファイルコピーなどによるデータの漏洩を防ぐには、パスワードをかけてファイルを保存したり、セキュリティ体制を強化する必要があります。ただし、障害が発生した場合の復旧方法や複合キーの作成など、準備不足の場合は暗号化を行ったためにデータ復旧ができなくなるケースも増えています。

無料相談・お問い合わせをおこなう 無料初期診断を申し込む

データの暗号化方法

暗号化ソフトウェアは数多く存在しますが、その中でもWindowsに標準搭載(バージョンによって異なる)されている暗号化機能に関する管理、使用方法をご案内します。

暗号化ファイルシステム - EFS (Encrypting File System) とは?

暗号化ソフトウェアは数多く存在しますが、その中でもWindowsに標準搭載(バージョンによって異なる)されている暗号化機能に関する管理、使用方法をご案内します。ここではWindowsXPを例にEFPを用いたファイル暗号化方法をご案内致します

始めに―最重要事項

EFSでファイルを暗号化する場合、認証キーのバックアップを必ず行い、バックアップキーを保管する必要があります。もしWindowsが起動できないOSの再インストールを行った場合は、認証キー無しでは復旧できません。
認証キーのバックアップ方法は、マイクロソフトのページを参照してください。

EFSデータ復元は、ユーザーアカウント情報、Windowsログインパスワード、認証キーが確認できた場合のみ復旧が可能となります。認証キーのバックアップ、パスワード情報をしっかりと管理してください。

EFS (Encrypting File System) で暗号化された場合の復旧事例

ケース1

EFS暗号化で使用中にWindowsが起動できなくなったため、ディスクを取り外して別のPCに外付けHDDとして接続してみましたが、ファイルが破損と表示されたり、アクセス不可となったため、データ復旧の依頼をいただきました。

【復旧実績】
Windowsのログインパスワードをご提供いただければデータの復旧が可能です。
※ログインパスワードが無くても対応可能

ケース2

外付けHDDにEFS暗号化をしたデータを保存していたが、解除せずにOSを新しくインストールしてしまいました。新しいWindowsに外付けHDDを接続してみましたが、暗号化されていて使用できなかった。

【復旧実績】
認証キーのバックアップを取得せずにリカバリーしてしまった場合、PCに保存されている既存データの中から復元する方法もありますが、新しく作成されたユーザーアカウントによって上書きされてしまう可能性が高く、復旧の可能性は10件中/3件程度となります。

EFSで暗号化されたデータは、認証キー無しでは別のコンピュータでファイルを開くことができないので、セキュリティ面からは確実な暗号化と言える一方、認証キーを失った場合は復旧が難しいという問題があります。EFS暗号化の概念、利用方法を熟知し、バックアップを行った上で暗号化をご利用ください。

複合化できない場合は、LIVEDATAの暗号化データ復旧をご依頼ください。


Windows EFS暗号化を利用して、ファイルを暗号化する

ボリューム検査(ディスクのエラーチェック)を行い、ハードディスクに問題があるかどうかチェックすることによって障害を未然に防ぐことができます。ここではWindowsXPを例にチェックする手順をご紹介いたします。

STEP1暗号化するフォルダ、またはファイルを選択します。

暗号化するフォルダ、またはファイルを選択します。

STEP2マウスの右クリックから、プロパティ(P)を選択します。

マウスの右クリックから、プロパティ(P)を選択します。

STEP3詳細設定をクリックします。

詳細設定をクリックします。

STEP4「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」チェックします。
*選択できない場合は、EFS暗号化をご利用いただけないWindowsバージョンです。

「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」チェックします。

STEP5OKをクリック後、下層フォルダやファイルすべてに対して暗号化を適用するかどうかを選択することができます。
希望する項目をチェックしてOKをクリックします。

OKをクリック後、下層フォルダやファイルすべてに対して暗号化を適用するかどうかを選択することができます。

STEP6暗号化されたファイルやフォルダは、緑色で表示されているので確認してください。

暗号化されたファイルやフォルダは、緑色で表示されているので確認してください。

STEP7暗号化されたファイルを解除する方法は、暗号化した時と同様です。

「Step4:属性の詳細」からセキュリティのチェックを外してOKをクリックすると暗号化が解除されます。


だから選ばれる。LIVEDATAのデータ復旧ソリューション

ハードディスクの障害RAIDの崩壊によって、データにアクセスできなくなってもご安心ください。LIVEDATAが高い復旧率でデータ復旧します。サーバ・RAID復旧NAS復旧は是非LIVEDATAへご相談ください。

はじめてデータ復旧される方へ お客様でできる障害対応 データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

お問い合わせ・データ復旧サービスお申込み

わたくしたちLIVEDATAへのご質問、ご要望、取材依頼、ビジネス提携やトレーニングに関するお問い合わせなどがございましたら、以下よりお問い合わせください。またLIVEDATAデータ復旧サービスのお申し込みもこちらから受け付けております。

総合お問い合わせ データ復旧サービス、ソフトウェアのご質問や、パートナー締結、トレーニングなどLIVEDATAの事業内容に関するお問い合わせはこちら。

データ復旧サービスお申込み HDDやサーバ/RAID、Flash SSD、NASなど多様なメディアのデータ復旧お申し込みはこちらです。まずは無料初期診断をお試しください。