データ復旧 HOME > サポート > テクニカル サポート > データの正しい管理方法

データの正しい管理方法

データの正しい管理方法

データの正しい管理方法

大切なデータを損失しないためにも、
日頃のデータ管理対策が必要です

データを損失しないためには様々な対策が必要です。大事なデータを安全に管理するための一番のポイントは、保存メディアに障害の予兆が無いかを常にチェックし、定期的にバックアップを行うことです。

無料相談・お問い合わせをおこなう 無料初期診断を申し込む

データを正しく管理するためには

データを正しく管理するためには、パーティションを分割する方法や定期的なバックアップを取得する以外にも、日頃からご使用のハードディスクの状態を把握しておくことが肝要です。

パーティションを分割して使用する

パーティションを分割して利用することにより、ハードディスクに物理的障害が発生した場合や不良セクターが発生した場合など、様々な場面でデータを復旧できる可能性が高くなります。

特にCドライブ:OS、Dドライブ:データなどのように分割して運用する場合は、OSが起動できなくなったり、パーティションに問題が発生した場合も簡単かつ安全にデータの復旧が可能です。


使用中のボリュームにエラーがあるかどうかのチェック方法

ボリューム検査(ディスクのエラーチェック)を行い、ハードディスクに問題があるかどうかチェックすることによって障害を未然に防ぐことができます。ここではWindows XPを例にチェックする手順をご紹介いたします。

STEP1マイコンピュータを右クリックして、管理(G)を選択します。

マイコンピュータを右クリックして、管理(G)を選択します。

STEP2コンピュータの管理から、ディスクの管理を選択します。

コンピュータの管理から、ディスクの管理を選択します。

STEP3表示されたディスク情報から、チェックしたいボリュームを右クリックしてプロパティ(P)を選択します。

表示されたディスク情報から、チェックしたいボリュームを右クリックしてプロパティ(P)を選択します。

STEP4エラーチェックから「チェックする(C)」をクリックします。

エラーチェックから「チェックする(C)」をクリックします。

STEP5ディスクのチェックを開始します。

ディスクのチェックを開始します。

STEP6ディスクの検査が完了しました。

ディスクの検査が完了しました。


デフラグツールを実行して起動速度、ディスク容量の効率を上げる

ディスクのデフラグ(最適化)を行うと、下のように分散されたデータが整理されます。

ソフトウェアをインストール、ファイルの削除を行うと、使用領域と空き領域がバラバラになり使用効率が悪くなります。このように分散されたデータを順序通りに整列させるのがデフラグの機能です。ただし、何度も実行するとメディアに負荷がかかるためお勧めはできません。

周期的に1ヶ月~3ヶ月に1回程度、デフラグを行うのが効果的です。デフラグ実行後はデータが整理されるため、起動速度やプログラムの実行速度が向上します。

ディスクのデフラグ(最適化)を行うと、下のように分散されたデータが整理されます。

デフラグによるデータの整理


だから選ばれる。LIVEDATAのデータ復旧ソリューション

ハードディスクの障害RAIDの崩壊によって、データにアクセスできなくなってもご安心ください。LIVEDATAが高い復旧率でデータ復旧します。サーバ・RAID復旧NAS復旧は是非LIVEDATAへご相談ください。

はじめてデータ復旧される方へ お客様でできる障害対応 データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

お問い合わせ・データ復旧サービスお申込み

わたくしたちLIVEDATAへのご質問、ご要望、取材依頼、ビジネス提携やトレーニングに関するお問い合わせなどがございましたら、以下よりお問い合わせください。またLIVEDATAデータ復旧サービスのお申し込みもこちらから受け付けております。

総合お問い合わせ データ復旧サービス、ソフトウェアのご質問や、パートナー締結、トレーニングなどLIVEDATAの事業内容に関するお問い合わせはこちら。

データ復旧サービスお申込み HDDやサーバ/RAID、Flash SSD、NASなど多様なメディアのデータ復旧お申し込みはこちらです。まずは無料初期診断をお試しください。