データ復旧 HOME > データ復旧サービス総合案内 > はじめての方へ > (2)データ復旧業者を選ぶポイントは?

はじめての方へ(2)データ復旧業者を選ぶポイントは?

はじめてデータ復旧される方へ (2)データ復旧業者を選ぶポイントは?

データ復旧」で検索したら何十件もの企業・業者が。
どの企業を選ぶべきか?失敗しない業者選定のポイントお教え致します

日本に100社以上存在するといわれるデータ復旧業者のホームページにはサービス内容や費用など様々な情報が様々な形で掲載されています。そんな中、どこをポイントに復旧業者を選ぶべきか?ここでは失敗しない業者選定の秘訣をご案内します。

(2)データ復旧業者を選ぶポイントは?

~100社以上も存在するデータ復旧業者から最適な企業を選ぶ方法~

ハードディスク復旧などのサービス内容?データ復旧の費用?企業サーバーなども手掛けた復旧実績?顧客の声?数多いデータ復旧企業でも、いろいろな点で比較することができますが、まずデータ復旧業者の種類を知り、その上で注意すべき点を把握できれば、貴社に最適な企業を選ぶことが可能です。

まずはデータ復旧企業としてのランク・位置付けを知る

技術力の高い復旧業者は、データ復旧サービスから、データ復旧ソフトウェアの自社開発、データ復旧に関する技術トレーニングまでデータ復旧に関して様々な角度から事業を展開することができます。

  1. Sランク

    専門ツールを用いたデータ復旧、ソフトウェア、技術研修まで
    全て自社で提供をおこなう企業

    データ復旧に関して全ての知識・経験を有する為、以下と比べると圧倒的な技術力を有する
    またデータ復旧に関する様々な技術を持つため非常に効率的な作業がおこなえるので、スピードやコストパフォーマンスが極めて高い

    LIVEDATAは業界唯一のSランク!
    データリカバリー総合ソリューション企業だから早く、安全、確実。

  2. Aランク

    専門ツールを用いたデータ復旧のほか、ソフトウェアも提供している企業

    技術力は高いが、OEMでのソフトウェア販売が多いため復旧にかかる実費は高額傾向に。

  3. Bランク

    複数人で論理障害のほか、物理障害にも対応するデータ復旧企業

    専門チーム制を展開していても担当者個々の経験値が低いことが多く、障害が悪化する場合も。
    また技術情報を海外の専門家から取得することが多く、人件費が高額になりがち

  4. Cランク

    一人で論理障害のほか、機械的トラブル(物理障害)にも対応するデータ復旧企業

    専門的な知識や経験に乏しいこともあり、また複数案件をひとりで対応するため納品までの所要時間もかなりかかってしまうこともしばしば

  5. Dランク

    ファイル復元などデータトラブル(論理障害)に対応するデータ復旧企業

    多くは一般的に流通するデータ復旧ソフトを使用しているため難しい案件には対応できません。
    また、論理・物理を併発する障害時は外注するため、時間も費用もかかる傾向

  6. Eランク

    パソコン修理を手がけるデータ復旧・一般企業

    ほとんどがデータ復旧をアウトソーシングしているため、対応・料金・時間全てで余分が発生

関連コラム 「技術力のある会社は費用が高い?」

いいえ。本当に技術力がある企業は自社に経験と知識に基づいたテクノロジーを蓄積しているため、さまざまな障害に対しても効率的な作業をおこなえるので、コストパフォーマンスが良くなる傾向にあります。

また最新のデータリカバリーテクノロジーを有する企業は安易なHDD開封のリスクを避け、クリーンルームを使用せずともデータ復旧が可能なことを知っているため、過剰な設備投資や広告出稿をおこなうことがなく、その分費用を抑えることができるのです。

関連コラム 「国内外の著名な研究者・技術者を大々的に掲載する業者は、やっぱり技術力が高い?」

注意しなければならないのは、その業者が著名な研究者・技術者に莫大なお金を支払い、広告塔として使用していることがあるという点です。実際は技術力に乏しく、広告費を回収するために請求費用が予想外に高額…なんて業者も。

データ復旧サービスのお問い合わせ

PC初心者でも大丈夫。顧客満足度90%以上を誇るLIVEDATAの専任オペレータは業界独特の専門用語を使わず、やさしく分かりやすい言葉や図で丁寧に対応します

お電話でのご相談・お問合せはこちら0120-895-960
メールでのお問合せはこちら
「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」

信用できるデータ復旧業者のポイント

過剰に広告出稿や過激に実績を謳う業者、ホームページ上の表示価格が安すぎる業者、大幅な値引きに応じる業者には十分お気をつけください!

有名だから、一流企業が載っているから、広告がたくさんでているから、その企業を信用してよいか?と言えば、実は違います。例えば広告が多くでているといっても、その分、復旧料金に加算されている・・・なんてことは少なくありません。データの復旧は障害メディアの症状・状態によって使用する技術も工数も費用も大きく異なるものです。ここでは具体的な例と共に信用できるデータ復旧業者のポイントをお教え致します。

質の低い業者

ハードディスク復旧料金
ホームページ掲載金額
ハードディスク復旧
9,000円!
まず送ってください!希少な部品が必要になるかも・・・
電話やメールで問い合わせ
顧客を確保する為に、不安感を過剰に煽り、初期診断をおこなわせる
無料初期診断
見積もり書、請求書400,000円
過剰に広告を出すものの技術力や経験がなく質が低いために様々な理由をつけて、見積もりや請求書はホームページ掲載料金より大幅に増額・・・

信頼できる誠実な企業

ハードディスク復旧料金
ホームページ掲載金額
ハードディスク復旧
43,200円~
 上限270,000円(2TBまで)
概算100,000円程度ですね
電話やメールで問い合わせ
誠実な企業は初期診断の案内と共に、症状ヒアリングで論理障害時、物理障害の概算料金をお問い合わせ時に示します
無料初期診断
見積もり書、請求書100,000円
確かな技術と豊富な復旧実績をもっているため、ホームページ上の復旧費用に上限が掲載されており、
見積もりにもブレがない!

以下のような企業なら信頼できます
(1)データ復旧に関して様々なサービスを包括的に展開
(2)著名人や実績など過剰な情報掲載をおこなわない
(3)最初の問い合わせ時に概算の費用・料金を明示
(4)ホームページ掲載料金と見積もりに大きな開きがない

関連コラム 「ホームページに掲載される復旧率って信用できるの?復旧率99%以上!って本当?」

<復旧率>とは復旧作業時に必ずおこなわれるクローン(※障害が発生したメディアからデータのコピーを生成すること。物理的に破損してしまった状態など障害によってはこの時点で取り出せないデータもあります)を取得し、そこからさらに取り出せたデータの総量と元データ量から割り出される数値で、どんなに技術力のある企業でも通常ならばまずあり得ない数字です。もしモデル、症状、期間などの規定なしに復旧率99%以上!など過剰に復旧率を謳う企業にはご注意ください。

データ復旧サービスのお問い合わせ

PC初心者でも大丈夫。顧客満足度90%以上を誇るLIVEDATAの専任オペレータは業界独特の専門用語を使わず、やさしく分かりやすい言葉や図で丁寧に対応します

お電話でのご相談・お問合せはこちら0120-895-960
メールでのお問合せはこちら
「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」

(1)トラブル発生!まず何をすべき? (3)どんなパソコンやHDDでも復旧は可能なの? 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6