データ復旧 HOME > サーバー・RAID復旧 > ディスクイメージの作成

ディスクイメージの作成

ディスクイメージ・イメージファイルの作成

速やかに機器の使用を停止し、信頼できる専門業者へ相談「LIVEDATAへのお問い合わせ」 お電話でのご相談・お問い合わせは0120-010-887

ディスクイメージの作成

イメージディスク作成の必要性

イメージディスクの作成とは、ハードディスクのデータ領域からセクター単位のバイナリコードで、目的のバックアップディスクの同一領域へコピーする作業です。ファイル単位のコピーではありません。
イメージファイルの作成(イメージコピー)には、様々なソリューション、ソフトウェアが存在します。

イメージディスク作成時の注意点

例>イメージディスクを作成したいハードディスク(Source Disk)にセクター不良が発生していた場合

ソフトウェアやハードディスクデュプリケーターなどのイメージコピー作成ツールを使用した場合、稀にコピー元のハードディスクの状態が悪化したり、ディスクが損傷するケースがあります。
これは、セクター単位でコピーを行うため、不良セクターをコピーしようとした際に、障害をスキップできずに何度もリトライした結果、メディアやヘッドが破損してしまうためです。

以上のことから、正常なハードディスクのイメージコピーは問題ありませんが、ハードディスクに物理的な障害が発生している場合のイメージコピーはエンジニアがイメージコピーをモニタリングしながら作業を行う必要があります。

LIVEDATAでは、データ復旧専用に開発されたイメージコピーツールを使用しており、日本国内ではSCSI専用の復旧ツールを保有しているデータ復旧会社はほとんどありません。

データ復旧専用に開発されたイメージコピーツールを使用

イメージコピー作成時の重要ポイント

ポイント1 コピー元のデータの状態を変更しない

Read Only (書き込み禁止)機能を利用して、コピー元のデータ損傷を防止します。

Read Only (書き込み禁止)機能

ポイント2 ハードディスクに発生している物理障害箇所をスキップ(除外)する

LIVEDATAで使用しているリカバリーツールは、各種オプション機能によって、さまざまな障害に対応が可能です。

LIVEDATAのリカバリーソリューション

Retryオプションを利用して、イメージコピー中の不良セクターをスキップできます。

Retryオプションを利用


物理エラーを検知すると、設定値をジャンプして飛ばすことができます。
ジャンプサイズをセクター単位で設定できます。

セクター単位で設定


複数のメディア/ヘッドを指定してイメージコピーを取ることができます。

複数のメディア/ヘッドを指定


イメージコピーのステータスをモニタリング可能で、現在コピー中のセクターをバイナリコードで確認することができます。

ステータスをモニタリング可能


イメージコピーの結果を確認できます。

イメージコピーの結果を確認

RAID・サーバ復旧のお問い合わせ

  • お電話でのご相談・お問合せはこちら
    お気軽にお問い合わせください
    24時間お問合せサポートセンター0120-010-887
    受付時間:10:00-18:00(平日)
  • メールでのお問合せはこちら
    「早く」「安全」「確実」LIVEDATAのデータ復旧サービス「無料相談・お問合せフォーム」