データ復旧 HOME > サーバー・RAID復旧 > ORACLE データベース復旧サービスご利用の流れ

ORACLE データベース復旧サービスご利用の流れ

ORACLE データベース復旧サービスご利用の流れ

ORACLE データベース復旧サービスご利用の流れ

最短翌日納品の復旧実績も。
迅速 6 STEPで障害確認からスピード納品。

ORACLEデータベースの復旧方法は、データベースの運用体制やバックアップの有無によって大きく変わってきます。まずは現在の障害状況をご確認いただき、正しい復旧方法をご選択ください。

障害状況の確認のため、LIVEDATAでは障害内容確認シートをご用意しておりますのでご活用ください。

ORACLE復旧サービスお申込みフォームへ 無料出張サービスお申込みフォームへ

ORACLE データベース復旧サービスご利用の流れ

LIVEDATAのORACLE database復旧サービスは、お客様での障害状況確認からサービスのご相談・ご依頼、納品までわかりやすい6ステップにてご利用いただけます。

STEP 1障害状況の確認 STEP 2データベース状況の確認 STEP 3お問い合わせお見積り依頼 STEP 4お見積りと所要時間のご案内 STEP 5復旧作業実施 STEP 6納品・お支払い

STEP1障害状況の確認

まずは現在発生している障害状況の確認します。LIVEDATAでは円滑に状況を確認を頂くため、「障害内容確認シート」をご用意しております。以下よりご活用ください。

障害内容確認シート(doc形式)   障害内容確認シート(pdf形式)

※サーバー自体が起動しない場合などは、LIVEDATAの高品質サーバー・RAID復旧サービスをご利用ください。
「サーバー復旧・RAID復旧サービス」を見る

STEP2データベース状況の確認

次に御社データベースの状況を確認します。オラクルデータベースで障害が発生する場合、多くは「ORACLEサーバのダウン(起動不能)」、「instance障害」、「メディア損傷による障害」の3ケースが挙げられます。

オラクルサーバーがダウン、起動できない場合

オラクルサーバーがダウン、起動できない場合

オラクルサーバーがダウン、起動できない場合バックアップの有無をはじめに確認し、サーバーの保守会社に連絡をしてサーバーを復旧します。有効なバックアップが無い場合、サーバーを復旧してオラクルのデータを抽出しなければならないため、必要な場合はSTEP3へ進みLIVEDATAまでご連絡ください。


インスタンス障害の場合

インスタンス障害の場合

インスタンス障害の場合サーバ障害などにより、ORACLEインスタンスを使用して処理ができない場合、メモリ上のデータが損失します。ロールフォワード、ロールバックを行うことで、障害が発生する直前までデータを復旧することができます。


メディア障害の場合

メディア障害の場合

メディア障害の場合ORACLE SERVERとは別に、データファイルを保存している外部ストレージ内のHDDクラッシュやストレージ本体の故障によりデータファイルが損傷した場合、適切なリカバリー作業が必要となります。system表領域が損傷した場合は、データベースを停止して復旧作業を行います。

STEP3お問い合わせお見積り依頼

現在のORACLEデータベースの状態を確認した上で、データ復旧サービスが必要と判断された場合は、以下のご相談・お問い合わせフォームよりLIVEDATAまでお問い合わせください。

またLIVEDATAでは弊社へのサーバ機器持込みや送付が難しく、御社内など現地での復旧作業が必要な場合のために「無料出張サービス」をおこなっております。こちらも合わせてご検討ください。(RAID・サーバ復旧のみ対応)

ORACLE復旧サービスお申込みフォームへ 無料出張サービスお申込みフォームへ

STEP4障害診断・お見積りと所要時間のご案内

お問い合わせ後、LIVEDATAまでサーバーやストレージ製品など該当機器をお持込、もしくはご郵送いただければ、初期診断を実施致します。診断後には、お見積りとデータ復旧までに要する時間をご案内いたします。

※データ容量、損傷具合によってお時間をいただく場合もございます。予めご了承ください。

お持ち込みのお客様はこちら
LIVEDATAへの交通アクセス案内
ご郵送のお客様はこちら
障害機器の発送方法

STEP5復旧作業実施

初期診断の結果からデータ復旧のご依頼をいただければ、復旧作業を実施致します。
サーバーやストレージ本体、ハードディスクなどに障害は発生している場合は、データベース復旧の前にHDD復旧を行います。こちらで復旧したデータをもとに、お客様が直接ORACLEデータベースを復旧いただく場合は、通常のデータ復旧サービスのみのご利用となります。

※データ復旧サービスでは復旧したデータの整合性を保証しません。あらかじめご了承ください。

ストレージやハードディスクに問題がなく、オラクルデータベースが損傷している場合、またはサーバー障害、HDDの故障を復旧後、*.dbfファイルのみをご提供いただいた場合は、ORACLEデータベース復旧サービスのご利用となります。

STEP6納品・お支払い

データベースを復旧後、復旧結果をお客様にご報告いたします。データ復旧費用をお支払いただき、復旧データを納品いたします。
※発注書、請求書等も承っておりますので、ご相談ください。

ORACLEデータベース納品形式
データベースの損傷具合、データ量によっても異なりますが、以下のファイルを提供致します。
  • Text  → *.ctl、*.data、*.sql
  • Export file → *.dmp
  • Full Database file → control、redo、undo、data file、temp
ORACLE復旧サービスに関するご相談・お見積り依頼・出張サービスのお申込み

オラクルデータ復旧サービスについてのご依頼相談、お見積りについては以下よりお申し込みください。またRAID・サーバ復旧に関しては無料の出張サービスも承っておりますのでこちらからお問い合わせください。

ORACLE復旧サービスお見積り・ご依頼 ORACLE復旧サービス、LIVEDULに関するお問い合わせはこちらです。まずはお問い合わせください。専門のスタッフが対応させて頂きます。

無料出張サービスのお申込み 会社のセキュリティが厳しくて... RAID・サーバ障害は是非無料出張サービスをご利用ください。