データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > NASデータ復旧実績 > wd5000aaks-00yga0-1

wd5000aaks-00yga0-1

NAS(WD5000AAKS-00YGA0)へのアクセスができない。

NASデータ復旧実績

2010.01.04

NAS(WD5000AAKS-00YGA0)へのアクセスができない。

RAID0で使用していたWD5000AAKS-00YGA0 2本のディスクにアクセスができなくなり、カチカチと異音がするようになった。

wd5000aaks-00yga0-1me1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー BUFFALO
シリーズ/モデル名 WD5000AAKS-00YGA0
RAID構成 RAID0
容量 500GBx2
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績wd5000aaks-00yga0-1 ネットワークディスク(RAID)として使用していたハードディスクを確認したところ、ディスク1には先頭領域に不良セクタ、ディスク2にはいたるところに不良セクタが確認されました。
ディスク1からは約99%、ディスク2からは約90%のイメージデータを抽出し、論理領域から約90%のデータが復旧できました。
復旧希望データ 動画、写真データ
作業所要時間 1日
IMAGE取得 約90%  IMAGE取得とは
障害箇所 不良セクタ
復旧結果 約90%

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

カチカチと音がするWestern digitalのハードディスクはデータの復旧が極めて困難な障害です。
また、RAID0の場合、複数のハードディスクに不良セクタが発生することによって、ますます復旧率が下がります。
障害が起きた場合はLIVEDATAへご依頼ください。
お客様の大切なデータを復旧いたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。