データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > NASデータ復旧実績 > ls-wh1.0tgl-r1

ls-wh1.0tgl-r1

LS-WH1.0TGL/R1にアクセスできなくなった。

NASデータ復旧実績

2010.02.15

LS-WH1.0TGL/R1にアクセスできなくなった。

エラーランプが点滅してアクセスできなくなった。

me1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー BUFFALO
シリーズ/モデル名 LS-WH1.0TGL/R1
RAID構成 RAID1
容量 500GBx2
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績ls-wh1.0tgl-r1
2本とも不良セクタが発生しており、それぞれのディスクからデータを復旧し、互いの不良セクタ部分を良品のセクタでカバーした形でデータ復旧作業を行いました。
約99~100%の間で復旧が可能となり、納品しました。
復旧希望データ
作業所要時間 1日
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 物理障害
復旧結果 99%以上復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

RAID1の場合はセクタ単位で全く同じ構造のため、それぞれのハードディスクから不良セクタが発生した場合であっても、セクタ単位でカバーすればデータ復旧率が向上します。
RAIDの障害が起きたら是非LIVEDATAへご相談ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。