データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > NASデータ復旧実績 > hdl-f250-1

hdl-f250-1

HDL-F250を落下してしまった。

NASデータ復旧実績

2010.01.28

HDL-F250を落下してしまった。

I-O DATA HDL-F250を移動しようとして4cmくらいの高さから縦に垂直に落としてしまった。
その後、アクセスランプがチカチカ光るがネットワーク上で認識されない。

hdl-f250-1me1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー IODATA
シリーズ/モデル名 HDL-F250
RAID構成 RAID0
容量 250GB
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績hdl-f250-1
I-O DATA HDL-F250からハードディスクを取り出し、初期診断を行いました。
診断の結果、先頭領域に不良セクタの存在が確認されました。
復旧作業において約99%以上のイメージデータを取得し、論理領域からのデータ復旧作業を実施。
約99%以上データ復旧可能と判断し、納品しました。
復旧希望データ ワードなどの文書ファイル
作業所要時間 1日
IMAGE取得 99%以上  IMAGE取得とは
障害箇所 物理障害
復旧結果 99%以上復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

ハードディスクを落下することによって不良セクタの発生はもちろんヘッド障害の発生の確率が高くなります。
最近ではハードディスクの落下を感知するセンサーが備え付けられているものや、耐衝撃性が高いクッション材やシリコンジャケットなどが付属しているものがあります。
ハードディスクの落下などによる障害からのデータ復旧が起きた時はLIVEDATAへご相談ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。