データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > Macintoshデータ復旧実績 > ic35l060aver07-0

ic35l060aver07-0

スレイブで使用しているIC35L060AVER07-0が認識しない。

Macintoshデータ復旧実績

2009.09.24

スレイブで使用しているIC35L060AVER07-0が認識しない。

スレイブで使用していたハードディスクにアクセスできない。外付けでつないでみたら回転しない。写真データやフォトショップデータが重要なので復旧してほしい。

データ復旧作業内容

障害発生情報

機種名 Power Mac
CPU G4
OS OS X 10.4
容量 61.5GB
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績ic35l060aver07-0 初期診断によってヘッドに障害があると判断しました。
ヘッド交換を行い認識に成功。イメージデータを99%以上抽出し、データ領域からデータ抽出しました。
99%以上データ復旧となり、納品しました。
復旧希望データ
作業所要時間 2日
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 ヘッド
復旧結果 99%以上復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

弊社ではヘッド障害によって認識しなくなったハードディスクからデータを復旧した実績が豊富にございます。
もちろんマッキントッシュのデータ復旧も対応可能です。
ハードディスクが“認識しない”“回転しない”“異音がする”などといった障害が起きたときはLIVEFDATAへご相談ください。
豊富な実績と確かな技術で大切なデータを復旧いたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。