データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > Macintoshデータ復旧実績 > hdt7210sla360-1

hdt7210sla360-1

HDT721010SLA360をフォーマットをしてしまった。

Macintoshデータ復旧実績

2010.01.14

HDT721010SLA360をフォーマットをしてしまった。

Macintoshで使用していたHDT721010SLA360にあるデータを別のハードディスクに保存した。
Windows用の外付けハードディスクとしてパーティションの初期化とNTFSへフォーマットをしたが、保存は実際されておらず、データがなくなってしまった。

hdt7210sla360-1

データ復旧作業内容

障害発生情報

機種名 Power Mac
CPU G5
OS OS X 10.5
容量 HDT721010SLA360
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績hdt7210sla360-1 障害ハードディスクからセクタ単位で別のハードディスクへコピーを行いました。
その後、復旧作業によってMacintoshで使用していた2つのパーティションとその中に保存されていたデータが確認されました。
約97%以上復旧可能と判断し、お客様へ大切なデータを納品しました。
復旧希望データ 写真データ、文書ファイルなど
作業所要時間 1日
IMAGE取得 97%以上  IMAGE取得とは
障害箇所 論理障害
復旧結果 97%以上復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

パーティションの削除やファイルシステムの変更を行ってもデータが復旧できる可能性は高く、LIVEDATAでは2009年の実績では全納品を誇っております。
分かりやすいサービスと高い復旧技術を持つLIVEDATA復旧サービスを是非ご利用ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。