データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > Macintoshデータ復旧実績 > HDH-U250S-1

HDH-U250S-1

HDH-U250Sがコピー不可能から認識しなくなってしまった。

Macintoshデータ復旧実績

2009.07.29

HDH-U250Sがコピー不可能から認識しなくなってしまった。

デザインデータのバックアップ用として使用していたハードディスク。
最初にコピーができなくなってしまい、電源をON/OFFしたら認識しなくなった。

データ復旧作業内容

障害発生情報

機種名 Power Mac
CPU G5
OS OS X 10.5
容量 250GB
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績HDH-U250S-1
セクタからのリードエラーが原因で認識しなくなったと診断結果が出たので、ディスクのヘッド交換などを行いました。
認識後、重要データ(イラストレータで作成したデータ)などが確認されお客様へ納品しました。
復旧希望データ
作業所要時間 8時間
IMAGE取得   IMAGE取得とは
障害箇所 不良セクタ
復旧結果 98%以上復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

データの読み込みが遅かったり、コピーがしにくくなったなどといった障害が起きた場合、他のハードディスクへデータへ保存することをお勧めします。
悪化することによって認識しなくなったなどといったお客様からのご依頼も多く、弊社にて復旧した実績もございます。
お客様の大切なデータを復旧できる実績を弊社では豊富に持っております。
是非LIVEDATAへご相談ください。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。