データ復旧 HOME > 障害事例・復旧実績 > HDDデータ復旧実績 > hdt721010sla360-1

hdt721010sla360-1

HDT721010SLA360のパーティションを削除してしまった。

HDD復旧実績

2009.12.28

HDT721010SLA360のパーティションを削除してしまった。

サーバーからハードディスクにデータのバックアップをしたのでサーバー内のディスクを入れ替えてディスクを処分した。
しかし、サーバーのデータをバックアップしたディスクを誤ってパーティションの削除をしてしまった。
復旧ソフトを使用すると途中でフリーズしてしまって復旧できません。

hdt721010sla360-1

データ復旧作業内容

障害発生情報

メーカー HITACHI
シリーズ/モデル名 HDT721010SLA360
サイズ 3.5
HDD容量 1TB
復旧希望データ 全てのデータ
障害内容

作業内容

障害事例・復旧実績hdt721010sla360-1 パーティションの削除をしたディスクからイメージデータの抽出を行おうとしたところ、一部不良セクタが確認されました。
約99%のイメージデータを抽出し、その後、論理領域のデータ復旧を行い、パーティションの削除をする前に保存されていたデータを復旧しました。
復旧希望データ 全てのデータ
作業所要時間 1日
IMAGE取得 99%以上  IMAGE取得とは
障害箇所 論理障害
復旧結果 99%以上復旧

だから安心。LIVEDATAのデータ復旧サービス

復旧ソフトを使用することでパーティションの復旧ができますが、不良セクタによってフリーズする場合はソフトでの復旧はできません。
今回の復旧ではパーティションの削除を行ったあとに「これ以上設定を変えたらマズイ」と思って弊社へお持ち込みしました。
豊富な実績と高い技術でLIVEDATAはお客様の大切なデータを復旧いたします。

  • はじめてデータ復旧される方へ
  • お客様でできる障害対応
  • データ復旧サービスのご相談・お見積り・お問合せ

別の障害トラブル事例・復旧実績を探す

LIVEDATAの障害事例はHDDやサーバ、NAS、USBメモリーなど各種メディアから、そしてフォーマット復旧やディスクが認識しない、異音がするなどの障害内容から事例を探すことができます。